読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

宮原るり先生『僕らはみんな河合荘』9巻 少年画報社 感想。

9巻も発売! 『僕らはみんな河合荘』!!
これ書くのに8巻の感想を読み返して気づいた……
私、前の巻からKindle版に乗り換えてたのね……
すっかり忘れて紙で買っちゃったよ、今回(>_<)。
こうなったら8巻も紙で買い直して最後まで揃えてしまった方が
良いでしょうかね……むむむー。


表紙は不動の律ちゃんですが、
ちょいとえちぃのが良いですね!
胸元はもちろん脚もなかなかで。
近い? 感じもたまりません。
息遣いが聞こえてきそうな感じが、もう!


本編の方は麻弓さん無双といいますか。
つまりは、宇佐くんと律ちゃんの距離が
目に見えて近くなってきて……ということもありまして、
麻弓さんが全力下ネタで阻止? を図る、という(笑)。
もう、キレッキレでして、ファンにはたまらない塩梅(^^;。
転じて彩花さんは割と宇佐くんサポートに回っているような?
……まぁ、麻弓さんがアグレッシブ過ぎなだけに
そう一層、そう見えるところもあるにせよ。
上手くアシストしていたりで好感触でした。
彩花さん、いいなぁ……。


イベント的には大きく花火大会があり!
もちろん、ドキドキの時間がありつつも、
河合荘の皆とかけがえのない時間を過ごして……
というのがまた、良くて。
仲間、というか家族的なつながりって、
素敵ですよね、と改めて思いつつ。


そして、長かったふたりの微妙な距離もついに!!
らしい感じでの告白ではありましたが、
それがまた、ね!
制限はあるようですが、その中でどう付き合っていくのか、が、
今後楽しみですね。
律ちゃんの意外な面も見られそうですし……
わりと独占欲強い? 嫉妬深い? なんてトコロも
ちらほら、今回でも見られましたし。
……でも、こういう気持ちは皆もってるような気もするし。


さて、ここからは進路の問題もありますし、
どういう感じでお話全体を着地させるのかにも注目ですね。
シロさんが何者か、もちょいと出てきておりましたが、
麻弓さん、彩花さんがどうしていくのかも気になりますし。
宇佐くんと律ちゃんの今後にも期待しつつ、
河合荘の面々の動きにも注目していきたい、と思う次第でございます。


今回も楽しかったー♪
8巻は紙で買い直します(笑)。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。