読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

大島永遠先生『女子高生 Girls-High』8巻 双葉社 感想。

7巻では修学旅行前の班決めやらのドタバタがあったのですが、
今回は本編! 修学旅行でございます。


旅行先は沖縄ー! と、豪華な印象。
私の高校時分の修学旅行先は、
奈良、京都、広島、東京……でしたなぁ。
結局のところ、わりと人生折り返し近くまで生きてきて、
この中で改めて出かけたのは東京くらい……って、
今、住んでる訳ですが……。
こう考えると、自発的に動けるようになってからだと
なかなか行く機会のないところの空気を感じられる修学旅行、って、
ほんと良い経験だったのかもなー、と。
広島にはまた行ってみたいな、と。
……修学旅行から20年以上たってるのか……。


個人の修学旅行の感想はともかく。
作中の修学旅行もとても楽しかったです。
いきなりの女子校のバスガイドさん判定とか。
わたしのところは共学で、
おばちゃんガイドさんで「えー!」という当初の反応が、
旅の終盤には熟練のコミュニケーションスキルに呑まれ、
名残惜しくなっている、という塩梅で。
個人的には数日に渡る旅行で一緒にまわるガイドさんは
経験値高い方がいいな、と、妙な学習をしたワケでありますが……。
女子校の見る目は違うのね、と(^^;)。
チェックが厳しいよ!!


ホテルに着いてからは入浴に食事、そこでも色々と。
入浴時間にまつわるネタはなるほどなー、という。
実体験か、取材がないとわからないコトでございました。


宝塚コンビをなんとかしようという
絵里子の計画は……なんとも困難を極めることはイメージできていたものの、
想定外が色々あった印象で。
そのあたりのドタバタは、結構楽しめました。


1冊通して、修学旅行と、宝塚コンビをなんとかする!
というコトがありましたので、
まとまりよく読めた……そんな感じでありました。
あとはもちろん、思い出が刺激された、というのもあり。


となると、9巻はどんな形で展開するのかしら?
期待しつつ、次へ移ります。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。