感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

『月刊ドラゴンエイジ』2019年8月号 KADOKAWA/富士見書房 感想。

ドラゴンエイジ 2019年8月号

ドラゴンエイジ 2019年8月号

発売日にKindle版をポチッて読んだものの、
体調不良もございまして感想、遅れました。
調子がすぐれないときに衝撃のエピソード、
というのも、なかなかに厳しいもので……
わりかし、ホントに気に入っていたヒロインが、というところだったので、
ウムム、という。
お話としては見せ場、なのかもですが、
しんどいものですね……というのを、
久しぶりに痛感させられましたのだわ……。


ということで、さくりとチェックした作品の感想をば。

武田弘光先生『マケン姫っ!-MAKEN-KI!-』第佰拾捌話

「命の灯」


今度こそ最終決戦! かな?
という展開になって参りました。
魅力的なキャラクターが揃ってはおりましたが、
さすがに終盤戦は長かったなー、という印象でございますので、
きっちり、派手なアクションに期待したいところでございますし、
姫神先輩だったり、春姉の活躍も観たいところです。
なんでしょうね、初期メンバーの晴れ舞台、とでもいいますか、
そういうところを待ち望んでしまうのですよねー。


どうなるかなー。

佐藤ショウジ先生『トリアージX』

CACE:9 NIGHT OF THE END VIII PEACE MAKER


思った以上にえらいこっちゃ、なことに。
さすがにこの展開は思い浮かばず。
嵐くんがどう動くのか、というのはもちろん気になりますが、
本丸の方がこのまま簡単にいくとも思えず、
かなりゴタゴタしそうではあり。


一山、ふた山、うまく作ってくるなー!
と、ワクワク、ドキドキの展開ですが、
心臓に悪い(笑)。
こういう想定外は大歓迎でございます。

的良みらん先生『黒姉インソムニア

第19夜"もしもいつか目覚めたら"


前回からの流れからすれば、そういう展開なのだ、
ということなのは承知なのですが。
PCの辞書に"けら"で"卦良"に変換できるよう、
登録してしまったマンとしては、かなーりキツいお話でして。
本当に、夢オチだったらなぁ、と思う、
そんなエピソードで。


なんというか、ホントは、
もっと小さなお話を積み重ねて、
今の流れが変わってくれるくらいの、
そんな風になってくれたら……
卦良とのくだらないお話もたくさんあって、
皆とのドタバタもあって、
そしたら、ちょっとは違った……なんてことも思ったりもしつつ。


最終決戦も近い、ですよね。


この作品で色紙を描いてもらえるとしたら、
卦良ちゃん一択、な私でございます。

■ビリー先生『シネマこんぷれっくす!』28本目

「!?」


なんじゃこりゃー!!
という、してやられたお話でした(笑)。
いや、面白いけど。
28本目のタイトルは、読んで探すべし、
という感じですかねー。


読み直しましたもん、
最初、あまりの衝撃に見過ごしてて(笑)。

シネマこんぷれっくす! 3 (ドラゴンコミックスエイジ ひ 4-1-3)

シネマこんぷれっくす! 3 (ドラゴンコミックスエイジ ひ 4-1-3)

漫画:半二合先生/原作:バンダイナムコエンターテインメント『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS After20』3巻 講談社 感想。

Link:アイドルマスター シンデレラガールズ After20 | サイコミ

アイドルマスター シンデレラガールズのコミカライズ
THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS After20』第三弾でございます。
回を重ねるごとにキャラクターの絡みのバリエーションも増え、
実に楽しく。
20歳未満のアイドルも上手い感じでお話に加わるようになってきて、
より、シンデレラガールズの世界観も深まったような気がします。


お気に入りのエピソードは、
楓さんの休日……江ノ島日帰り旅行のお話ですねー。
マイペースに楽しむ感じがなんとも、
素敵なお休みの過ごし方、という感じで。
また、ちゃんとホーム? なお店に帰ってくるところも
お話としてよく出来てるなー、と。
帰る、だけに旅先のちょっとした非日常感が際立つかしら、なんて。


季節的なイベントだったり、誕生日だったりも絡めつつ、
お酒に素敵なお料理を楽しめた3巻でありましたが、
ちょいと心配なのが終盤の展開ですね。
下手したら、次で完結になるフラグに見えなくもなく……
んー、お気に入り作品なだけに、
もちっと続いてほしいところなのですが、
はたしてどうなるのでしょうか……。


心配がありつつも4巻でも楽しいお酒、
美味しいお料理、素敵な仲間とゆったり時間、
楽しませて頂けたらな、と期待しておりますです。

音泉『マジカルユミナの今日もお兄ちゃんねる』第41回 2019年7月4日配信分 感想。



今回も週末のお楽しみとなってしまいました、
私でございます。
相変わらず楽しゅうございますなー。
冒頭のトークでは妹の呼び方について。
うちは名前呼びだけど、色々パターンあるのね……
って、そりゃそうかー。


コーナーは"アクション チャレンジ"!
何かな? と思いきや、
前作からの中二病アクションリクエスト!
アイ・ラヴ・ピースのポーズに関する、
ユミナちゃんの熱いこだわりも聴けて楽しく♪
肝心のアクションは、
変? に気合の入ったセリフが中二病に拍車をかけている感じで(笑)。
花なんとかさんのキャラクターがどんどん壊れていく塩梅が
どうにもたまりませんですね!


エンディングトークは……んー、DJっぽい? どことなく。
手の感じで、無意識にそうなっちゃったのかしら(笑)。
こういうライブ感もこの番組の面白いところですよね、うん。


ということで、今回もユミナちゃん満喫でした!
……しかし、中二・魔眼アクションは本当に実装されるのかしら(^_^;)。


【目指せ!パーフェクト・妹ーション! 小物メモ】
デッキブラシ

ビーム
イカ
目隠し
ユミナブレード


【アクション チャレンジ 小物メモ】
魔眼

音泉『マジカルユミナの今日もお兄ちゃんねる』第40回 2019年6月27日配信分 感想。



今回はきっちり木曜日更新でしたが、
ワタシの方が追いつきませんでした(笑)。
ということで、『今日もお兄ちゃんねる』の感想を軽く。


Tシャツの文字、
攻めの内容に思わずニヤリ(笑)。
ほんと、毎度良いネタを拾ってくるというか。
ユミナちゃんもよく? 話題にしているところですし、
いい感じでハマっていたかな、と思います。


コーナーは今回も
"目指せ!パーフェクト・妹ーション!"。
季節感あふれるスイカ割り♪
最近は小物の登場も多いですけれども、
この度は当然の"スイカ"と……"ユミナブレード"!!
木刀ではなく、あえて新アイテムなのが最高ですね(笑)。
スタッフのお兄ちゃんたち、いいセンスしてるなー。
展開的にも、ただのスイカ割りに留まっていないのが
また流石、な感じでありまして。
すんごい演出があったり……オチもしっかり。


このクオリティが毎週続く訳ですから、
豪華番組ですよねー。
ちょっと出てきた小物はメモとっていきますかね。
私が観始めて以降、になりますけれども。
組み合わせてのネタ、とかもできそうですよね、
把握しておけば。


ということで、今回も満喫いたしましたー。
花なんとかさんにお仕事、いっぱいきますように!


【目指せ!パーフェクト・妹ーション! 小物メモ】
デッキブラシ

ビーム
イカ
目隠し
ユミナブレード

くずしろ先生『兄の嫁と暮らしています。』6巻 スクウェア・エニックス 感想。

Link:兄の嫁と暮らしています。 | ガンガンONLINE | SQUARE ENIX

朝夕の通勤、ならびに帰宅後晩酌しながら読みました。
くずしろ先生『兄の嫁と暮らしています。』6巻。


希さんのお母さんの入院からのスクランブルな展開。
急遽、希さん実家に志乃ちゃんと大佐(にゃんこ)も行くことになって……。
みんなストレスフルな流れな中でのゴタゴタは、
読んでいても、なかなか胃にくる感じでございました。
なんだろう……この作品って、表立ってのザワザワ感? は
ほとんどないのに、
静かに締め付けられるようなの、ある気がするんですよね。
そのあたりの面白さを満喫、な。


希さんと志乃ちゃんにとっては
かなり大きな峠だった気もしますが、
なんとかそのあたりは乗り越えてくれたように見え、
そこは一安心したりもしつつ。


何気にグサリと刺さったのは以下のセリフですかねー。

人と一緒になるっていうのは ままならんねぇ……
※くずしろ先生『兄の嫁と暮らしています。』6巻 88ページより

ぐいぐい、抉ってくる作品ではございますが、
四十代独身にはこれはかなり効きました(笑)。
まったくだよ!!


それはともかく。


ちょっとふたりの関係性も進展が見えまして、
より面白くなりそうな雰囲気。
表紙をみたとき、少しばかり、心配になったんですよね。
すれ違っているように見えて。
でも、読み終えてから見直してみると、
ふたりとも、ちゃんと先を見据えて歩いているのかな、
という感じがして、安心したりしたのでございました。
表紙って、面白いですね。


ということで、当然のように続きが楽しみ! な今、なのでした。
あー、早く続きが読みたいっ!!

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。