感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

池田邦彦先生『エンジニール 鉄道に挑んだ男たち』2巻 リイド社 感想。

エンジニール 鉄道に挑んだ男たち 2 (SPコミックス)

エンジニール 鉄道に挑んだ男たち 2 (SPコミックス)

発売されていたことは、確か気が付いていたのですが。
すっかりポチることを忘れていて……
ふと思い出してKindle版を購入いたしました。


鉄道工作課長・島安次郎さんを軸に、
日本の鉄道黎明期を描いたこの作品。
2巻で完結、でございます。
……もうちょっと長く楽しみたかったなー、という気持ちもありつつ、
丁度良いボリュームで読みやすいのでオススメもしやすいな、
というコトも感じつつ。


理想、というか、信条、というか。
そういうものを抱きつつ仕事に向かう姿が、
なんとも格好よく。
もちろん、鉄道まわりのお話も興味深く。
日本が発展していく過程での鉄道まわりの役割だったり、
熱量とでもいうか……そういうものを感じられて。
ただ、想いが強い、愛着があるだけに、
周辺との衝突も出てしまう島安次郎さんの……
なかなか難しいのね……と。
このあたりは、今も昔も変わらないところなのでしょうけれども。


次世代へ繋いでいく、そんな場面もあり、
なかなかグッとくるものがありました。
世代交代しながらも、受け継ぐものはしっかり伝えつつ。
より、良い未来へと……。
なかなか昨今ではイメージしにくいような気はするものの、
熱い時代の空気を感じさせてくれる、
『エンジニール』はそんな作品になっておりまして。


鉄道に興味がある方はもちろんのこと、
歴史関係が好きだったりする方にもオススメできそうな。
程よい量で、しっかり楽しませてくれるシリーズでございます。


今回もたのしかったですし、
池田邦彦先生の次回作にも期待、です!

大西巷一先生『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』10巻 双葉社 感想。

表紙は、初見のときこそ"何?"という感じで。
陽気な感じと暗さ……明暗が凄くて。
読んで納得。


引き続きKindle版を購入いたしました。


大きくお話も動き。
さらに大ピンチに陥ったシャールカがどうなるか、
と思ったところで、なんと……な展開。
これまでとは少し違った側からの状況も見えてきて、
読者としては面白いのですが。


……シャールカは強い、というか、なんというか。
とんでもない事件にまで巻き込まれるものの、
彼女らしいところを発揮して、何とかしてしまうのが素敵で。


結構、魂を削られるような描写もあるのですが。
一般的なコミックスだと、普通にえちぃ感じになりそなのに、
この作品ではゴリゴリ魂を削られる音がする不思議……
それだけの背景なり、気持ちなりが描かれているのよね……
どす黒い部分……たぶん、私もどこかに持ち合わせているのだろうなぁ、
などと思いつつ、読み進めたことでありました。


こういうものなのかしら?
という疑問に感じた部分は巻末の解説で語られておりまして、すっきり。
もっと突っ込んで調べたい、と思えば参考文献も掲載されておりまして。


あとは、ジャンヌダルクですかねー。
時代的にも重なるようで、作中にも登場しましたが。
ん……きっちり描かれていて、これまたシンドイです。
あわせて『ダンス・マカブル』を読むと、
さらにエピソードを楽しめる……辛くなること請け合いでございます。んでもって、シャールカ、フス派がどうなっていくか……ですよね。
どうもこうも、歴史がある以上、決まった部分はありながら、
ではあるのでしょうけれども。
そのあたりも、この作品の楽しみでございまして。


結末も近づいていそうでありますけれども。
シャールカの幸せを祈りつつ……次巻を待ちたいと思います。

漫画:半二合先生/原作:バンダイナムコエンターテインメント『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS After20』1巻 講談社 感想。

Link:アイドルマスター シンデレラガールズ After20 | サイコミ

『サイコミ』のサイト上で絶賛連載中の『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS After20』。
デレステを変わらずプレイし続けている私としましても、
ずっと気になる存在でありつつ、
ブラウザで作品を読み続けるのが習慣として身についておらず……。
時折、サイトをチェックする程度で単行本待ちでございました。
ががが!!
ようやっと単行本発売ー!! ということで、
Kindle版をポチッとさせていただきました。


居酒屋「しんでれら」が舞台とあって、
登場するアイドルも20歳以上となりまして。
そちらのファンの方にはたまらない作品に仕上がっていそうな。
題材は美味しいお酒とお料理、ですし。
しっとり飲んだり、賑やかに乾杯してみたり。
お酒の楽しみはもちろんのこと、
川島さんだったり楓さん、三船さんの魅力もぎゅぎゅーっと♪
もちろん、早苗お姉さんも参戦で楽しく。
柊さんも渋い魅力でございまして……
デレステではあまり注目していなかったですけれど、
確かに酒瓶持っていたような気も(笑)。


世界観、キャラクターと
お酒&料理が見事にハマった作品となっており、
大満足な第1巻♪
一層、ゲームの方も楽しくなりそうです。


……と、まぁ、満足はしておりますが、
やっぱり、元ネタの『アイドルマスター シンデレラガールズ』は、
知っていた方が楽しめることは言うまでもございません。
逆に知っていればより作品に入り込めるでしょうし、
お酒を飲めるお歳でありましたら、
ここから広がるたのしみもありそうで。


もとの作品を深く掘り、かつ広げていく……
見事なコミカライズかと思います。
続巻にも期待ですね!!
って、サイトには新しいお話も掲載されているんですよね。
……チェックしてみるか。

『月刊ドラゴンエイジ』2018年8月号 KADOKAWA/富士見書房 感想。

ドラゴンエイジ 2018年8月号

ドラゴンエイジ 2018年8月号


トリアージX』はお休みで、
少々寂しい『月刊ドラゴンエイジ』でございますが。
表紙は夏全開! で、良い塩梅。
水着姿ももちろんですが、青い空がなんとも心地よく。


表紙こそ清々しいですけれども、
わたくしは体調を崩して一週間ほど、
病院にぽつぽつ行きつつ寝込む始末で、
ちょいとこれは……という感じでございます。
皆様、健康にはくれぐれもお気を付けくださいませ。
……結局のところ、どこが悪いのかわかっていないのが、
これまた気持ちのわるいところでありまして。
うーん。
年齢もぼちぼちなので、困ったものでございます。


ということで、チェックした作品の感想です。

武田弘光先生『マケン姫っ!-MAKEN-KI!-』特別編

「碓君 覇王への路(妄想)その9」


マケン姫っ!』の特別編の季節。
そう! あそこで開催される夏の祭典!!
……って、まさかその場面がちらりと登場するとは(^^;。
そんな特別編でございます。
タイトル、いつもは"道"だったのが今回は"路"になっていますが、
そこは軽く流しつつ。


んでもって、今回のターゲットは
秋先生と楓蘭会長ですね♪
ノリノリの秋先生に対して恥じらい全開の会長が良い味を出しております。


オチは割と平和な感じ?
ただ、ちょいと姫神先輩も追々巻き込まれそうなところがあり、
期待したいところであったりします(;^_^A。

的良みらん先生『黒姉インソムニア

第7夜"あなたのものは私のもの"


ドキッとする展開から再開の第7夜。
厄介な形で登場された、ほのめ姉のお姉さま……。
もちろん、過去に樹くんとの関係もあったでしょうし、
面倒なコトになりそうな予感がギュンギュンしまして。
未宇のこともありますし、どうなるのでしょうね。


後半のほのめ姉については、
読み返してみると6月号でマスターに
何やらお願いをしていた場面があり。
それの繋がりなんでしょうね。
これで、基本、学校以外は樹くんと一緒にいられる、
ってことになるのかしらん。
学校だと、ほのめ姉が出入りしにくいですし、
色々策をめぐらすには良い場所が出来た……
そんな感じでしょうかね。


しっかし、ついんて少女・卦良ちゃんの扱いが(笑)。
これはこれで可愛いですけれども。


ということで、面白くなってまいりました♪

■原作:滝沢慧先生/作画:草壁レイ先生『非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが』第26話



身を案じ、
遠方の笹井先輩の実家へと出向いた
小田桐くんと水崎さんでありましたが。


わりと元気そうで一安心?
ただ、これまた面倒なコトに巻き込まれそうな流れになってきて。
おまけに、小田桐くん姉の気遣い? で、
ドキドキな展開にも……。


今回は騒動の前触れ、なお話ですかねー。


ともかく、焦点だった笹井先輩自体については
これ以上のコトにはならなそうで安心しつつ。
他がどう転ぶかに注目ですね!

■ビリー先生『シネマこんぷれっくす!』16本目

「ギャング オブ ハイスクール」


いやー、よかった!!
安心しました。
前回の締めに登場した女性……
ひょっとしたら作品をクローズしてしまう人物なのではないかと、
めっちゃ心配しておりましたが。


杞憂であった上に、今回もめっちゃ面白く。
映画ネタを散りばめつつ、キャラ立ちまくり、な。
って、基本、熱川くんと、前回締めの彼女で進むのですけれども。


なんというか、前々からといえばそうなのですが。
熱量、愛? が凄い。
この作品自体の面白さはもちろんのこと、
映画への愛?
特に今回は彼女……会長さんのそのジャンルへの入れ込みが……
って、後になってその理由もわかる訳でございますが。


えらい危機感があった分、
反動もあってなのか、いつも以上に楽しめた今回でありました。
しかし、映画ネタっていっぱいあるのね。

■原作:イタバシマサヒロ先生/作画:玉越博幸先生『BOYS BE… ~young adult~』Last Report

「スーパーガールは頼らない?」


憧れの同期女性とのお話。
個人的には色々あって、新卒入社という経験がないため、
"いいなぁ~"などと思いつつ読み進めました。
中学、高校が舞台の恋愛モノとなると
比較的背景だったり関係性も飲み込みやすいですけれど。
社会人ネタになると、
ルートが人それぞれですし、多岐にわたりますから、
なかなか共通の感情を突くモノってつくるの難しそうだよなぁ、
などと思ったりもして。


もちろん、今回の彼女も魅力的で、
作品としても悪くない締めだったのではないかしら、
と思う次第ではございますが。
もちっと続いてくれたら、個人的には嬉しかったです。
『月刊ドラゴンエイジ』誌面の中でも、ちょいと異色な感じでしたし。


コミックス2巻は10月とのこと。
ちょいと間は空きますが、楽しみに待つことと致します。

西条真二先生『鉄鍋のジャン!! 2nd』第19話

「心の料理・破」


ゲテモノ題材? な料理対決の決着のお話。
それぞれキツめのビジュアルな料理が並びますが、
よっぽどなものを除いて、
そこそこ味は美味しそうに見えなくもなく。


ただ、肝心のジャンが……
威勢が良いだけに、ちょいと厳しい展開?
舞台的にも、立ち直るキッカケを得るのが難しそうな気もしますし。
どうやって巻き返していくのか、注目ですね。

鉄鍋のジャン!!2nd 3 (ドラゴンコミックスエイジ さ 10-2-3)

鉄鍋のジャン!!2nd 3 (ドラゴンコミックスエイジ さ 10-2-3)

RICOH THETA SC Type HATSUNE MIKU を購入。

Link:初音ミク-コラボモデル360度デジタルカメラ|RICOH THETA SC Type HATSUNE MIKU

RICOH THETA SC  Type HATSUNE MIKU
なんでまた、というタイミングですが(笑)。
ベースとなっているTHETA SCもそれなりに発売から時間が経っている感じもあり。
台数限定ながらも、まだ余裕で購入でき、無印な通常版THETA SCより割高。
かつ、私もそこまで初音ミクさんには入れ込んでもおらず……
ですが、何か、タイミング的に刺さってしまって、
購入に至ったのでした。


春先に祖母が亡くなり。
いよいよ、思い出詰まった祖父母の家が手放される、
ということになり。
法事で帰省の際に立ち寄って、部屋を観て回り。
想い出に浸りつつ、スマホのカメラで撮影しつつ。
ふと思ったのは。
……これ、360°で撮影できていれば?
ということで。


記憶に残るところを写真・画像に収めるのも、
もちろん大事なのですが。
そこ、全体を何かしらのデータに残すことで、
あとから見直したときに思い起す、なにかもあるのではないかしら、
なんて。


今後、帰省するたび、どんどん風景は変わっていって。
いずれ、戻る先もなくなって。
その前に、少しでも残しておきたい。
望郷、なのかしらね。


何故に初音ミクの……というところですが、
スマホアプリにてお試しの画像編集をしてみたら
思いのほか楽しく。
特別な本体、というのもまた、
どこか心揺さぶるところもあり。


近場で数枚、試し撮りをしてみましたが、
なかなかに面白い画像が仕上がりました。
ただ、普通に撮影するのとはちょいと感覚が異なるので、
そのあたりは慣れも必要そうで。
何も考えないで撮影したら、確実に自分も映りますしね(笑)。


ぶっちゃけたところ、ここ最近は土日、休日は、
自宅にいるばかりで外出も減り。
数年前は自転車乗って出かけたりもしていたのですけれども。
そのあたりの解消もイメージしつつのお買い物であった訳ですが、
はたして成果は出るかしら(笑)。


なお、周辺機器なこちらも購入してみました。

RICOH THETA 専用球面レンズ保護フィルム3枚セット

RICOH THETA 専用球面レンズ保護フィルム3枚セット

レンズが特徴的なつくり、ですので、
その保護は優先して考えないと……と思いまして。
つけてみて。
感想としましては、Amazonのレビューと同じ感じで。
常時、ではないですが、時折、フィルム端が浮き上がってしまって。


完全に満足できる訳ではないものの、
かわりとなるものも今のところなさそうですし、
撮影画像の劣化もそこまであるようには感じられず。
だったら、まぁ、いいかな、なんて思ってしまうのでありました。


かなり衝動的な買い物ではありましたが、
パチパチ撮影しつつ、楽しんでおります。
色々と面白い使い方であったり、
撮影場所、探してみたいところではありますね。


……ということで、楽しんで参ります!

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。