感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

Xiaomi Mi 8……文鎮化の果てに……。

Link:Mi Global Home
※Mi 8のページへのリンク。



またまた更新が滞っておりますが、皆さま如何お過ごしでしょうか。


さて、先日EXPANSYSさんより購入したXiaomi Mi 8ですが。
えー、届いて1時間立たずに文鎮、煉瓦にしてしまいました(笑)。
何があったのか整理しつつ、今の状況を報告? いたします。
みんな、海外端末を買うときは気を付けような!!

■到着!

9/19の夜、ヤマト運輸さんより、国際宅急便お届けのご案内メールが届き。
わくわくする気持ちを抑えつつ時間指定……
平日ですし、夜間の時間指定をし、一旦、床に就きました。


翌日。さすがに夜間の時間指定とはいえ、
仕事帰り、自宅で受け取れるかは微妙なところ。
そこで、サービスセンターに電話を入れ、
営業所受け取りに変更してもらいました。
これなら、荷物の行き違いも発生しませんし、
仕事の帰り道にヤマトさんの営業所さんもありますし、で、
私は確実に荷物を受け取ることができ、
ヤマトさんは再配達リスクもなく、お互いに良いかしらん?
なんてことを思いつつ。
……誰かが営業所に居なければならない、
というのはあるでしょうけれども(;^_^A。


で。
仕事帰りの19:30頃、端末を受け取り、
足取り軽く帰宅したのでございました。

開封……中国版端末だけれど、Global ROMでブートローダーアンロック済み?

軽くビールを飲みつつ、まずは保護シートを貼りつけ。

質感もよく、さすがは反射低減。
テカテカ感も感じず、これなら使いやすそうで。
ブルーの本体も上品な感じですし、さすがはフラグシップだなー、
と嬉しく。


最初の工程を終えて、次はROM焼きかな? と、電源ON!!
あれ? 中国版端末のハズだけれど、
中身はGlobal ROMなようで、言語選択が色々できる?
WiFiにつないでみるとOTAの通知が来ているから、
そこまで心配する必要はないのかな? とは思ったものの。
開発者オプションを表示、確認してみると
ブートローダーアンロックのまま???


ここで決めたのでした。
Global ROMを焼き直して、ブートローダー再ロックだね、と。

■ROM焼き成功からの文鎮、煉瓦化。

公式のROM焼きツールとファストブート用ROMは既に用意しておりましたし、
端末のブートローダーはアンロック済みでしたから、
作業はサクサク済みまして。
ROM焼きも終わって、ブートローダーも改めてロック。
再起動してみますと……ん?
リカバリーモードのメニューが表示され、
そのROMはこの端末には焼けないよ、的なメッセージも端末下部に。
はて?
とりあえず、焼き直してみるか、とツールからの焼き直しを行おうとするも、
ブートローダーのロックは出来ているようで、焼くことはできません。
ロックを解除するためには、
端末にXiaomiのアカウントを入力する必要があるハズで……。
状況を整理しましょう。

1.リカバリーモードかファストブートモードでしか端末は起動せず、
 端末にMi accountを紐づけることはできない。
2.端末はブートローダーロックされている。
3.ブートローダーを改めてアンロックするためには
 端末にMi accountを紐づける必要がある。

……まともな方法での復帰は難しくなってしまったようです。
いわゆる、文鎮、Soft brick化ってやつですね……。

■何故、こんなことに?

このブログによると、最近のXiaomiスマートフォン
中国版の端末にブートローダーをロックした状態で
Global ROMは動かせなくなった、とのこと。

※2018/09/30 20:00頃確認。
まさに私の状況、ですね。
端末が届いたときから迷うことなく、
文鎮化の道を突き進んでいったことになります……。
もっとも、私のようなROM焼きをしての利用は
正規の使い方か? と問われるとそうではない訳で、
何があっても自己責任かと思います。


ちょっと海外のサイトで文鎮化した方の情報を探ってみても、
コレといった解決法はなさそうで。
端末の蓋を開けて……という方法もない訳ではなさそうですが、
その後もXiaomiの認証に阻まれる模様で。
よっぽどのコトがないと、
Mi 8 6GB/256GB Blueな端末の文鎮化の解消はありえなそうな塩梅となりました。


海外端末のリスクはある、とは認識していましたが、
Redmi Noteの成功体験? が大きく、
事前の情報収集が甘かったですね……。

■どうしたか。

再度、EXPANSYSさんにMi 8 6GB/128GB Blackを発注しました(笑)。
悔しいじゃないですか。
ほとんど触っていない状態なのに、
サクサク動く感じだったり、質感は気に入って。
話題のカメラは起動することすらなく文鎮にしてしまって。
結局のところ、iPhone買えそうなくらいの出費にはなるのですが、
ここで引き下がる訳には(笑)、と。
……絶対、ギャンブルやっちゃダメな性格なのを痛感しつつ、
ポチりました(;^_^A。

■過ちは繰り返さず。

んで、端末、届きました。
128GBを注文したので、ひょっとしたらGlobal版がそのまま……
という期待もありましたが、届いた端末の状態は256GBと同じ。
外装は中国語の記載、端末に入っているROMは、
ブートローダーアンロック状態のGlobal ROM。
ここで、256GB端末と同じことをすると、文鎮もう一つ出来上がりで。


選択肢としては以下のふたつ。
 ・このまま使う。
 ・Global ROMを焼き直し、ブートローダーは再ロックしない(起動する保証はなし)。
……このまま使う、というのもひとつの手。
ですが、明らかに工場出荷後に何等かの作業が入って届いている端末。
おまじない程度、かとは思いますが、やはり焼き直しした方が良かろう、と、
ブートローダー再ロックはしない設定でGlobal ROMを焼き直してみました。
手順は文鎮にした端末とほぼ一緒。
ただ、焼くときに再ロックをしない設定にした、というだけです。


無事、起動いたしました。

■設定も済ませて。

サクサク動いてくれております。
あまりにも文鎮化は大きなダメージでしたし、
実のところ、文鎮化をなんとかすべく、
分解するツールの類もAmazonで買い集めたりで、
さらなる出費も重ねてしまって……高い買い物になりました。
その分、思い入れもー、なんて言いたくもなりますけれど、
失敗なく、一発で楽しめた方が最高に決まっていますから(笑)、
あまり慣れていないものの海外端末を購入してROM焼きをしよう、
という方がおられたら、
端末名+文鎮、brick、Soft Brick、などで
失敗事例を色々検索した上で試された方が良いかな、と思います。
私の場合は、問題なく端末にROM焼きする方法を調べ、
それを実行することが文鎮化への近道だった、というオチなので(>_<)。


せっかくなので、今回買った画面保護シート以外のアクセサリ類を紹介。


まずはクリアケース。

このImakという会社のケースはRedmi Note 3 Proでも使用しており、
何ら問題、不満もなく使えていたので今回もお世話になることに。
ケースは本当に薄手で、本体の色も活き。
画面保護シートもついてきたり、
貼り直しの際に利用するシールや、端末・画面を拭くシートも付属。
中国からの配送となるのでちょっと時間がかかるものの、
送料含めて1,000円くらいでこの製品、なら、
まったく文句がない感じでございます。
何気にカメラ部分に段差があって、画面を上に端末を置いた場合でも
レンズが接地しにくくなっていたりもしますし。
良いケースかと思います。


そして、レンズ保護シート。こちらも中国からの配送なので、届くにはちょっと時間がかかります。
シートは一枚目は貼るのに失敗し、
二枚目でなんとか成功、という感じでしょうか。
画像撮影にも悪影響は感じませんし、悪くないお買い物だったかな、と。
レンズ保護シートで1,000円くらい、というのは高くね? と思うものの、
なんとコレ、SIM抜きピン、吸盤、ヘラ、精密ドライバー? 4本、
何かこじ開けるやつ? 1本が付いてきて。
ヒートガンとコレがあれば文鎮端末をバラして部品取りくらいはできそうな。
商品説明には一切、この工具まわりの解説はなかったので、
すべてに付いてくるのかはわかりませけれども、
なかなかに嬉しい誤算でございました。
使う場面がないことを願いたいですが(笑)。


と、まぁ、色々ございましたが楽しく端末、使えております。
Redmi Note 3 Pro同様、永くお付き合いできたらな、と思います。
よーし、バシバシ画像撮影して楽しみますよ!!

川崎直孝先生『ちおちゃんの通学路』9巻 KADOKAWA / メディアファクトリー 感想。

Amazonの内容紹介を読んでびっくり。
……完結?
表紙はちおちゃんと真奈菜さんの日常風景な感じで、
まさに通学路な。
最近はエキサイティング? な表紙が多かったので、
こういう普通な方が最終巻にはふさわしいのかもな、
なんてことを思いつつKindle版、読み始めました。


最初は下着のお話。
前の巻にあった予告の、ですかねー。
お年頃的にも下着関連も大変そうですよね、女性陣は。
さらにはちおちゃん達ですから、
お買い物に行くにしたってひと騒動で……
まさかのお客様のおかげで落ち着きを取り戻す
ちおちゃん一行ではございましたが……
お色気があったかどうかはともかく、
ドキドキエピソードでした。


雪さんと真奈菜さんの静かな? お友達バトル……
なんとなく気持ちはわかる、というか。
雪さんがアグレッシブなだけに、
真奈菜さんもそりゃ、焦りますよね。
なんだかんだ、良いグループになってきたかしらん。


んで! 安藤さんとの関係!!
きっちり着地してほしい感じにおさまってくれた、
とでも申しますか。
ちおちゃんと安藤さんらしいところにストン、と。
もちろん、普通に想像するカップルの姿とは
ちょいと違う塩梅かとは思いますけれども。
ふたりとも、どこか幸せそうですし、
意外なちおちゃんの落ち着きぶりも、何だか心強くて。
良かったなー、と心底思えたことでございました。
……なんていうのは読み終わって思うことでして、
読んでいる最中はめっちゃ、ドキドキで(笑)。
いやー、ここまで楽しく、緊張するデートのお話読んだのって
初めてかもしれません。
ちおちゃん、可愛いですしね。
お話、追ってきて良かったなぁ、と心から。


バトルエピソードも見応え満点!!
安藤さんとの間柄も確定してからの妹さんとの対峙、
でございますから、
これまた見方もちょいと変わってくる、と申しますか。
真奈菜さんとちおちゃんの闘いも熱いですけどね!!
……にしても、よくカバディ浸透してるなぁ、
ちおちゃんのまわり……。


そして、どこかで見たことのあるエピソード。
あとがきで語られておりますが。
なんだか、ジンッと静かに染み入るものを感じつつ
読み進めたことでございました。
確実に成長している、時間が経っていることを感じさせる。
そんな上手い演出だな、と。


締めのお話も。
どことなく爽やかさのある。
終わりの湿っぽさもなく。
安藤さんとのその後も気にならない訳ではないですけれども、
ちゃんと前の話で素敵な間柄については語りつくされていた感じもありますし。
すっきり、前のエピソードで区切って、
通学路に絞ったのは良かったかな、なんて、思いましたです。


完結まで無事、お付き合いさせていただきました。
確か、読み始めたキッカケは会社の方の薦めだったかと思いますが、
ここまで読み続けてこられたのは作品の面白さあってこそ、ですよね。
通学路をお題に色々な事件が起こる。
シンプルそうで、でも、実はそうではなくて。
私たちの代わり映えないように見える日常だって、
ホントはいろいろと転がっているのだと思います。
通学路や通勤の路で。


会社へ向かう足取りが重くなるとき、
ちょっとこの作品を思い出して、読み返して。
楽しい、ちおちゃんの通学風景で元気出したいな、
なんて思うのでございました。


川崎直孝先生、連載おつかれさまでした。
気が早いですけれども、
次の作品も楽しみにしております。

EXPANSYSにて、Xiaomi Mi 8 6GB/256GB Blueを発注!

Link:Mi Global Home
※Mi 8のページへのリンク。



新しいiPhoneも発表、予約開始となりましたね!
スマートフォン出始めの頃のような熱狂こそないものの、
やっぱり新しい端末の発売、となりますとワクワクするものがありますよね。
私も会社用端末予約を手伝ううちに、何やら物欲がふつふつと(笑)。
仕事帰りにはiPhone買ってしまおうかしら、
なんて思うほどになっていたのですが……
帰宅して、お酒を飲みつつWebサイトを色々みているうちに
「俺ってiPhoneって感じじゃないよなー」と心変わり。
だったら、Nokia端末かXiaomi端末だよなー、と調べるうち、
タイトルの端末をEXPANSYSさんでポチッたのでありました。
送料などを入れると6万円近く。
受け取り時にさらに消費税、という感じでしょうか。


何故にMi 8を選んだのかと申しますと、
今現在使っているのがそもそもXiaomi Redmi Note 3 Proで
Xiaomi端末だ、というのもありますし、カメラの性能もそこそこらしく。

他スペックも高めでお値段6万円くらいなら……
安い、とは言いませんけれど、性能などからすれば妥当……お買い得?
かな、なんて。
……たぶん、iPhoneを予約する段階で10万円超えの価格を目にしていたので、
それで一気に購入ハードルが下がったんだと思います(笑)。


ただ、問題がない訳ではなく。
この端末、まだ届いてはいませんが、
おそらくグローバル版ではなくて中国版なんですね。
到着後、保護シート貼ったあとに行う作業が
早速、ROM焼きになる予定なのがちょいと手間で(;^_^A。
わかってポチっている訳ですけれども。
以前はXiaomiに申請してからじゃないとUnlockできなかったようなのですが、
そちらは解消されたようなのでハードルは少し下がったかしら。
でも、まぁ、成功して起動画面みるまでは心配ですよね(笑)。
申請いらなくなったっぽい、というのは以下のページの情報です。
※閲覧日時:2018/09/16 13:35頃

The process is simplified and the permission is granted automatically. You don't have to fill in any application form or wait for the SMS anymore.

Log in and head towards http://en.miui.com/unlock . Download the Mi Unlock Tool (picture above) from the site and proceed to unlock. A waiting period will then be displayed in Mi Unlock Tool.

http://en.miui.com/thread-246705-1-1.html

まずは、届くまでのドキドキ、満喫したいと思います。
あとはROM焼き情報の整理だー!

Alexaスキル"radiko.jp"がエリアフリーに対応していた!


Link:Amazon.co.jp: radiko.jp: Alexaスキル


Alexaスキル"radiko.jp"がエリアフリーに対応していたようで。

■ラジコプレミアム
ラジコプレミアムは、月額350円(税別)で、全国の放送局が聴き放題のサービスです。
既にアカウントをお持ちの方は、ラジコのスキルページの「設定」>「アカウントのリンク」 からログインしてお楽しみください。
ラジコプレミアムについては http://radiko.jp/rg/premium/ をご確認ください。

https://www.amazon.co.jp/radiko-radiko-jp/dp/B074J6R9R4/

今朝、何の気なしにスマートフォンAmazon Alexaアプリを起動して
スキル・ゲームから"radiko.jp"を検索してみたところ、
前にはなかったと思われる「設定」ボタンがありまして。
そこからradikoプレミアムに登録したメールアドレスとパスワードを入力!
「アレクサ、radikoSTVラジオを再生して!」
……バッチリです!
Echoで念願の地元ラジオを再生できるようになったですー!!


何時から対応していたんでしょうね?
2018年のうちに対応する、みたいな記事は見かけた記憶があるのですが。
ともかく、ラジオ好きにはたまらない機能追加、ですね。
これでウチのEchoの出番もさらに増えそうです!!

ぽんとごたんだ先生『桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?』5巻 双葉社 感想。

Link:桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? / ぽんとごたんだ - ニコニコ静画 (マンガ)

桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?(5) (アクションコミックス)

桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?(5) (アクションコミックス)

なんだコレ? という色鮮やかな何かを持ち、
食欲全開な表情な桐谷さんが表紙を飾っております、
ぽんとごたんだ先生『桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?』5巻。


まずは、4巻の終わりあたりに登場した女子を中心に、
ちょっとした騒動に。
そいえば、生物部云々あったな……と思いつつ。
これまではわりと桐谷さんの趣味に付き合ってくれる方が多かっただけに、
なかなか面白い展開に……
桐谷さんが趣味を曲げることはないでしょうから、
程よく、仲良くできる距離感を探る感じになるんでしょうかねー。
仲直り? に用意した一品も強力でしたし(笑)。


食材的には海産物の印象が強くて。
もちろん、表紙を飾っている彼もそうなのですけれども、
今回は割と知名度も高いアレも食材になっておりますし。
食の世界はまだまだ広がる感じ、ですね。
お肉系も、最後の話が見た目にもインパクトがございまして。
やっぱり、ほぼ丸々な状態から調理、となりますと迫力を感じますよねー。
桐谷さんの解体スキルもグイグイ上がっているように見えますし、
どんどん大物にチャレンジしていく展開になるのかしらん?
なんてことを妄想したりもしつつ。


さて、生物部も絡んできたり、
新キャラクターも加え、ますます賑やかになってまいりました、
『桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?』。
次はどんな食材が登場するのでしょうかねー。
まだまだ知らないもの、たくさんあるんだろうな……
次巻も楽しみにしたいと思います。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。