読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

宮原るり先生『恋愛ラボ』11巻 芳文社 感想。

前巻に引き続きの合同文化祭準備でございます。
メール等でやりとりする機会も増え、
それにつれて想いを寄せる男の子との接点も、ね。


そうなってくると、やっぱり微妙にすれ違いなどもありまして。
ヤンとマキは微妙に喧嘩なのか何なのか、
距離感が難しい感じになったりして。
リコとナギの関係も……リコのナギへの想いは
日々、増していくばかり、なのですが、
面と向かって気持ちを上手く伝えることも出来ず。
ナギも相変わらずな感じで。
このふたりはどうやって着地するのやら。
エノと会長はそれなりにうまくいっているような?
ちょっとアレなところもありましたけれど、
意外とリコ弟・レンとスズの間柄がよい感じになっている気がしたりも。
レンくんの方に自覚はなさそうですが……。


いくつもの恋愛が同時進行で、
密度がどんどん濃くなってきている『恋愛ラボ』。
ここからの展開も目が離せないですね!!

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。