読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

石田敦子先生『キューマイ! 球場迷子』リイド社 感想。

キューマイ!

キューマイ!

あっ……あれ? Kindle版出てる……。
11/19に日付変わったあとにAmazon検索したときは
引っかからなかったのですけれども……。
ということで、仕事帰りの秋葉原COMIC ZINにて購入してきました。
レジのお姉さんが可愛かったので、結果オーライです。


『キューマイ! 球場迷子』
てっきり少年画報社かと思っていたらリイド社からのリリースで。
でも、内容的には『球場ラヴァーズ』の流れを汲んだ作品となっておりまして。
安心して楽しめる感じ。


プロ野球に興味のない29歳の派遣社員の優子。
お付き合いしていた彼氏が姿をくらまして……
ちょっとしたヒントから、彼を探すために球場へ通い始め、
これまで気づかなかった色々に目がいくようになるのでした。


他作品とはちょっとした視点、角度の違い、
ではあるのですけれども、
球場へ集う人たちの背景であったり、
もちろん野球そのものの色々も楽しめまして。
タイトルに『迷子』とあるので、
直球でそういうお話なのかと思いましたら、
微妙なお年頃の優子が、心の面で迷う……
そのような感じになっていたのも好感触で。
それだけに、対象年齢は少々上かしら、とも。


主人公のお姉さんは眼鏡っ娘ですし、
題材は私の好きなプロ野球と恋愛♪ ということで、
キッチリ楽しんで読むことができました。
ちょっと肝心の彼が情けない感じではありましたけれど(笑)。
まぁ、バリバリ、パワフル、よりは、
今風なのかもしれない(^^;)。


さて、野球はちょっと侍Jが残念ではありましたが、
次のシーズンへ向けての仕込みの時期でもありまして。
諸々のニュースやら、野球系コミックスを楽しみつつ、
オープン戦、そして開幕をまったり待ちましょうか。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。