読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

原作:伏見つかさ先生/作画:いけださくら先生『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』3巻 KADOKAWA / アスキー・メディアワークス 感想。

comics

表紙みて、あやせさん来たっ!!
などと盛り上がりつつ読み始めましたが。
……んー、これから、かしらん。
あやせさん的な意味合いでは空振り、でございました。


お話的には麻奈実エピソードと、
夏コミ話の中盤戦まで収録、といったところ。
作品的には正しいのですけれど、
桐乃がメインに描かれているような印象で。
感情的なところであったり、魅力的なところであったり。
普通の作品ならそれでも満足なのですけれど、
周辺のキャラクターも魅力的なだけに、ちょっと不満ががが。
他メディアで諸々みているのあって、
なおさら……なのでしょうなぁ。
先々知っているからこそ、あやせさん待ちな私がいる訳で。
コミカライズって大変なんだな……。


ということで、おそらく次巻の冒頭であやせさん節炸裂の筈。
……しかし、最後の巻となるので、
桐乃の友人関係が落ち着いたところで締め、なのかしらん。
もちっと先を読みたいコミカライズなのではありますが。
そのあたりは視点を変えた作品
『俺の後輩が……』でカバーした、という感じなのかな?……つか、原作も最終巻の途中で止めてしまっているので、
そちらもいい加減最後まで読んでしまおうと思う、
今日この頃なのでありました。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。