読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

Kindle Oasisのケース問題。

絶賛、Kindle Oasisを使用しております。
コンパクトなのはやはり良いですね。
文庫本に近しいサイズで、
額縁小さめというのもこれまた素敵で。


で。
日々持ち歩く訳ですけれども、
そうなりますと欲しくなってくるのがケースです。
Oasisには専用カバーが付いてるのだから、
そんなのいらないんじゃないの?」
と思われる方が多いかと思います。


……だって、立派な革のカバーに傷がついたらガッカリでしょう(笑)。


ええ。
私、保護シートに傷がついたら落ち込むタイプでございます。
本来の役目が"本体を傷から守る"シートやカバーなのはよくわかっていますが……。
どうにもこうにも。


ともかく、雑然とした鞄の中に放り込むにあたり、
ちょいとOasis単体では心もとなく思う今日この頃。
ケース選びを始めたのですが、これが難しい!!


「まぁ、Paperwhite、Voyageで使っていたケースでいけるでしょう」
くらいに気軽に考えていたのです。
こちらの赤を愛用していたので流用しよう、と。……入らない(笑)。
PaperwhiteやVoyageに丁度良く作られているものに
Oasisは合わないようで。
サイズの違いが微妙なんですよね。
Amazonの"Kindle電子書籍リーダーの比較"の記載*1によると
以下のようになっていて。


Voyage:162 x 115 x 7.6mm
Oasis:143 x 122 x 3.4-8.5mm


小さくなったように見えて、ちょいと曲者。


購入時の商品名が
"Fintie Kindle Paperwhite / Kindle Oasis 専用スリーブケース
軽量 耐久性 高級PUレザー 6インチ スリップインケース ポケット ポーチ
for All Generation Kindle Paperwhite , Kindle Voyage ,
Fire HD 6 and New Kindle Oasis 2016(ブラック) "
だったので期待していたコチラにも収まらず。……届いてから改めてページ確認したら
Oasisの記述がなくなっていてガックリ。
さすがにPaperwhiteにはピッタリだったので
枕元で裸状態だったPaperwhite(2013)に使うことにし、
無駄にはなりませんでしたが。
しばらく、Kindle Oasisのケース選びは難航しそうです。
ちょっと特殊な形状でもありますし、
出来れば店頭で確認して、の方が良いのでしょうね。


とりあえずはブギーボードのケースで逃げています。ヨコは良い塩梅なのですが、
タテが余裕ありすぎで……むむむー。
ほんと、悩ましいです!
(と言いつつも、こういうのが好きだったりもして)

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。