読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

押見修造先生『ぼくは麻理のなか』8巻 双葉社 感想。

comics

お話はさらに、
麻理さんの過去、家族関係に入り込みはじめて。


放心状態の麻理……小森くんも麻理さんも中にいないような。
世話をする母親にも限界が近づいてるようで。
依さんも動きだし、なんとか麻理さんも戻り始めたものの、
母親の方が……。


「ふみこ」が誰を指すのかも明らかになり。
それ故に、過去、家族関係がどのようなものだったのか、
麻理さんのこれまでの気持ちはどうだったのか、
とても気になるのでした。


麻理さんの中の小森くんがみた夢。
その後の不意のつぶやき……も、ね。


小森くんと依さんの関係はかなり近づいたものの、
麻理さんの存在は薄れてきているようで。
ここから麻理さんは持ち直せるのかどうかであったり、
小森くんが今後どうなるのか、だったり。
まだまだ気になるコトは山盛りでありまして。
次巻が待ち遠しくなる、そんな8巻でありました。
特に最後の場面は先が気になって仕方ない感じで……。


そういえば8巻では、
麻理さんの母親の表情がとても印象に残りました。
平時から狂気に移る、その様。
下手なセリフよりも感情が伝わる感じがしまして、
凄いな、と……見応えがございました。


お話も動き出しておりますし、
既刊を読み返して復習もしつつ、
続くお話を待ちたいと思います。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。