読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

大島永遠先生『女子高生 Girls-High』9巻 双葉社 感想。

comics

久しぶりに『女子高生 Girls-High』です。
どうやら連載の方は最終回が近いようで……
最後の単行本が出る前に追いつかねば! ということで、
『女子高生 Girls-High』強化気味で読み進めようと思います(笑)。


……ということで、沖縄修学旅行編の締め。
とはいえ、必ずしも旅行の話だけではなく。
残された人(?)のお話あり、
過去の想い出あり、と盛りだくさんな。


宝塚コンビの過去がキッチリ描かれていたのはポイント高く。
ある意味、彼女らと接点を……的なのが
絵里子の狙いだった気もするので、
そのあたりからすると、悪くない展開だったような。


個性的なお土産選びもらしい感じで。
……つか、ハブのやつ、検索してみたら見つかって……
ホントにあるとは(;^_^A。
結構、インパクトあるなぁ。
洒落のわかる人へのお土産には丁度良さそうではあります(笑)。


ガイドさんと親交を深める場面は、
意外とホッコリ感もあり。
確かに、修学旅行のときのガイドさんって、
なんだか特別な感じがあったなー、なんて。
楽しみにしてきた旅行に同行してくれて、
色々と盛り上げてくれて……だから、
なんとなく一体感みたいなものが出来る、というか、
なんというか。
懐かしい感覚、ね。


何かやけに区切りがいいな、と思ったら、
本当に連載もここで一区切り、だったんですね。
お話的な区切りはともかく、
絵里子たちの卒業は観たいよなぁ、と思った訳ですが、
ちゃんと続巻は出てくれているのでありまして。
こういう時に限っては、
後追いで作品を読んでいく、というの、
悪くないなと思うのでありました(笑)。


こちらのシリーズもあわせて読みつつ、
さっさと追いつきます!

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。