読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

水谷フーカ先生『Cl 1 / 菜園モノクローム』1月と7月 感想。

Cl 1 / 菜園モノクローム

Cl 1 / 菜園モノクローム

Cl 1 / 菜園モノクローム (1月と7月)

Cl 1 / 菜園モノクローム (1月と7月)

秋葉原COMIC ZINにて購入です。
電子書籍版もリリースされるんですねー。
買ったあとに気づきました(^^;)。


紙の本は表紙がちょっと凝った造りで、
これはこれで持っている喜びがございます。
また、重要なポイントである髪の色がちゃんとついているので、
電子ペーパーKindleで読むのとは違う感じがあって。
紙ならではな感動がありますね!
……いや、カラーな端末で電子書籍読めば?
という話ではあるのですけど(;^_^A。


ということで、本編感想。


『Cl』
5億人にひとり、という
黄緑の髪をもって生まれた保志くん。
また、彼を囲んでの三田くんほか、友人たちとの学校生活。


ひょうひょうと過ごす保志くんと、
自然に接しているようにみえる三田くんの関係がなんとも。
少しずつ、保志くんの状況がわかってきた三田くんの表情が
ちょっと辛い……ですかねー。
保志くんは気づいているのかしら。
……いや、まだまだ保志くんの病状とか、
この先はわからない訳ですけれども。
あまり良いような気はしなくて。どうなるのかな?


三田くん以外の友達もなかなかに個性的で。
古谷さんは眼鏡っ娘ポジションながらも
なかなかにアグレッシブに動く印象なので、
今後も面白エピソードを生み出してくれそうな(笑)。
保志くんの今後ももちろんですが、
古谷さんを軸にした動きにも期待したい作品でございます。


『菜園モノクローム
読み切り作品。
味わい深いですね……特に終盤のほうが読後、
何だか引っかかる感じ、と申しますか。
たぶん、再読すると面白さの増す感じかと。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。