読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

コミックマーケット90(C90) 感想。

夏コミ、行ってまいりました。
昨年はどうだったかなぁ?
わりと、ここ最近は行ったり、行かなかったり、ではありましたが。
今回も体調が微妙で、どうしようか迷ったのですけれども。
家で寝てるよりは健全かしら?
とお出かけしてみた次第。


午前10時過ぎに自宅を出る、というまったり仕様はいつも通り。
なれど、大崎からのりんかい線
やたらと混んでまして……
これまで、午前11時頃のりんかい線って、
大崎からだと空いていて、下手したら座れる勢いだった筈。
人の流れが変わったのかしらん?


冗談抜きの鮨詰め状態で国際展示場まで……
人に押される状態で電車、なんて、ほんと久しぶりです。


国際展示場駅から出ると心地よい曇り。
これは幸先良いな! なんて思ったのです。
このときは……。


今回の目的のひとつは大島永遠先生の
『女子高生 Girls-High 完結記念本』。
ということで、東4へと向かったのですが。
……いやー、サークルの場所に向かおうとしたら、
もんのすごい人で、前に進むのも大変、という。
久々に身体が触れ合って汗が……という状況に陥りましたですよ。
進むも、退くも、えらい厳しく、
そんな中で強引に割り込んでいく人が、と。
ある意味、いつもの光景なのかもですが、老体にはつらい(笑)。
こちらは早々に諦めたのですが、Amazonから買えるんですね(^^;)。
まぁ、入手できればいいか。

女子高生girl's-high完結記念本

女子高生girl's-high完結記念本

そこからは、HIGH RISK REVOLUTIONで岩崎さんの本を買い、
ナイロン先生の新刊を押さえ、
西に切り返して二宮ひかる先生の新刊と、
ひまわりらんぷ・船戸明里先生の本を入手して帰還、となったのでした。


そこまで暑くなかったのは幸いでありましたが、
時間帯遅めに出た割には人が多く。
会場離脱は午後12時半頃だったにも関わらず、
続々と会場へ向かう人波は続いておりまして……
人の流れが変わったのか、来る人の数が単純に増えたのか。
これからは遅めに出たとしても、
それなりに覚悟? 準備? は必要そうね、と思ったことでありました。


では、入手した色々の感想を軽く書きまして、締めと致します。
入手順で。

■HIGH RISK REVOLUTIONさん『明日から使える?? ロートルテクニック』

Link:HIGH RISK REVOLUTION
Link:Colorful Pieces of Game


"ゲームレジェンド"で出た既刊。岩崎啓眞さんの本、です。


ホントは新刊の『Re:ゼロから始めるゲームシナリオ』目当てだったのですが、
到着時にはこちらは売り切れてしまっていて……。
肝心の内容はかなり一般の人には厳しそうな内容で、
正直、私も詳しくわかるか、と言われると難しいのですけれども。
なんですか。
題材になっているような時期にゲーム雑誌を買っていて、
スプライトがどうの、この表示がどうの、
とか、このゲームのこの演出がすごい、だの、
そんな話にワクワクしちゃってた層には
わからないなりに楽しめてしまうような、そんな内容で。
……って、拾い読みした感じ、ですけれども。
文章本なので、読み応えは間違いなし、です。
もう、ゲーム機のスペックで云々、
開発会社の技術で強引に回転を再現、とか、
あまり話題にならなくなっているご時世。
懐かしいなぁ、と思うと同時に、
こういう本は価値あるよなー、とも思うのでした。


結構、ゲームの歴史というか、資料というか。
そういうものって散逸しやすいと思うので。
誰かがまとめないと。
特に、携帯向けアプリやら、今のスマホ向けのも。
たぶん、10年後には記憶だけになって、
まったく何も残らない、なんてことにも。
サーバありき、だったりすると、
「そもそも動く環境を用意できない」とか。
どうするんだろう?
このまま散らしてしまうのも、
勿体ないと思うのだけれど……。
……そんなことも思いつつ。

■ナイロン100%『GO.』

ナイロン先生のサークル、です。
しかし、表紙には"."が見えず、表紙を開くと"."ついてるし。
……と思ってしばし表紙を眺めていると。
うん。
着衣の下に"."がある気がする! たぶん、それだ!(本当か?)


題材は大人気ゲームでございますが、
これ読んでからプレイすると、
どうにも悶々としそうで。性的な意味で(笑)。
登場する女の子はさすがの可愛さでございまして、
そちらの満足度も高く。
ポニテでスポーティな女の子スキーにはたまらない筈。


いわゆる薄い本、ですが、
時事的なものもあり、
また、女の子の可愛さもあり、たまらぬ一冊に仕上がっておりました。

二宮ひかる先生『親不孝 STREET やまねこ』

二宮ひかる先生の同人誌を買うのは初めてで。
ちょっとドキドキしながら手に取りました。


昔話的な内容は好みでございまして。
満喫させて頂きました。


印象深いのは周囲の目、で。
閉じ込められ、
窓から外を眺める自らの目もこれまた、
何か感情を揺さぶるものがあるのですけれども。


一応は一冊で楽しめるカタチ、ではありますが、
あとがきによりますと、どうも続きがある模様で。
これは先に楽しみが出来て嬉しい限り……
って、つまりはまた、コミケに足を運ばねばならぬ、
ということでもあり(笑)。
ちゃんと健康に、次のコミケにも行けるようにせねばー、
と思うのでありました。

ひまわりらんぷさん『ぺこのすけ』第一話 合本版

船戸明里先生のところにも寄ろう!
と思ったものの、当方、あまり某スマホゲームには興味ががが……。
そんな状況もありまして、
手にとったのは『ぺこのすけ』第一話 合本版と、
『あとりえっ!』でした。


『ぺこのすけ』
既刊……ですよね?
ちょいちょいTwitterで見かけていて、
読んでみたいとは思っていたのですけれども。
手に取ってみて一気に惹かれてしまうという。


素晴らしい。船戸明里先生の描く前髪ぱっつん黒髪少女って、
大正義としか言いようがなく。
しかも和服ですよ。
どことなく『星の砂漠』を思い出しつつ。

ハートフルな展開から、
ちょいとミステリアス、と申しますか、
ん? と思わせられるラスト。
先が気になるお話に仕上がっておりまして。


いつになるのかしら……
同人誌で先が楽しみお話をみせられてしまうと、
本当に困りますよね(^^ゞ。
いや、楽しみができるのはすごく嬉しいし、
贅沢な話、なのですけれどもね。
見事、絡めとられた一冊でございました。


『あとりえっ!』
の方は、某『トトリの……』『メルルの……』など、
『アトリエ』系ゲームの4コマ集で。
こちらは元のゲームも好きなので、
存分に楽しませて頂きました!
やっぱり、トトリ、メルルは可愛いよ……うん。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。