読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

大西巷一先生『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』7巻 双葉社 感想。

comics

捕らわれたジシュカの身の振り方、
天使たちのその後、散ってしまったように見えるフス派勢。
一番面倒そうなあの方の行く末、などなど、
見どころ満載そうだった
大西巷一先生『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』7巻。
実際満載で、Kindle版リリース後、
朝のウチに読んでしまおう♪ などと思っていたら
読み切る前に自宅を出る時間となりまして……
仕事を終えた後、お酒を飲みつつ残りを読んだ次第で。
ある意味、贅沢に楽しめたのですけれども。


バルバラ様は本当にヤバい塩梅で。
綺麗で、色々アレで、策謀も……となると、
本当に面倒そうでありますが、
ピンチにも堂々と……んー。一番ヤバいんじゃ。
と思いつつ。


フランチシュカとエドゥアのエピソード。
諸々絡み合って辛いのですが。
残念すぎる流れではあるものの。
それでも、互いに何か、信頼している、というか、
立場を考えつつも想っているものがあるんだな、と、
強く感じて。


ネボヴィディ砦の一戦では、
騎馬隊……騎士隊の突撃がどういうことか、
というのを痛感。
そのあとの展開は、安堵、でありましたが。
タイミングの良さに感謝と。
……でもそれ以上に突撃がこわいな、と。
蹂躙、とはこういうときに使うのだな、と。
場面としては数ページだったのに、
物凄く衝撃的な場面でした。
不安感に、迫りくる、身体に響く低い音……。


エドゥアの夜の場面については、
蒼き狼と白き牝鹿』のオルドって、
こういう感じのイメージだったのかな、などと思ってしまったりしつつ。
しかし、このあとの展開がつらい(>_<)。


ジシュカさん帰還からの怒涛の動きは見もの、
ですけれども。
不穏な動きもチラホラとあり。
情け無用、な展開が予想される予告を見つつ……
うーん、と頭を抱えつつも次巻が楽しみ、なのでありました。


なんですかね。
戦争を嫌うシャールカが、
自然と「責められないよ」と言えるような環境ができてしまうのがしんどい。
そして、そこが良い作品なんだな、と思います。
面白いです。


今回も巻末の解説はキッチリ、充実しています。
歴史的な面、戦争といえば……なところについて、
タイトルについてのお話も。こちらも興味深く読めました。


ギュッと密度も高く、癖の強い作品ではございますが、
読み始めると追いたくなる、
魅力あふれる、そんなシリーズになっていますし、
巻を重ねるごとにその惹きも、強くなっているような。


歴史ものである以上、着地点はある程度、固まっているだけに、
お話としてどうおさめるのか、
より楽しみになってくる7巻なのでありました。
……紙と電子書籍の発売日がズレたのが残念、というのが
本音だったりもしますが(笑)。
そのあたりはオトナノジジョーも色々あるのでしょうし、
仕方ないところですねー。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。