読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

樫木祐人先生『ハクメイとミコチ』5巻 KADOKAWA / エンターブレイン 感想。

こびとさんの、動物や虫との生活の様を描いた
樫木祐人先生『ハクメイとミコチ』、5巻がリリースされました。
4巻からほぼ1年……待ってました!


表紙はハクメイにミコチ、そしてタヌキさん♪
本編でもタヌキさんは重要な役割をこなしておりまして。
新顔やら、これまでの登場人物? も、
それぞれ良い味を出していて。


エピソードも山盛り!
釣りではミコチの意外な一面が見られたり、
ハクメイの過去がちらりと描かれたり、
ハロウィンのようなお祭りの話に、
虫のお友達の悩みとそれにこたえるふたりだったり、
夫婦喧嘩が大事になったりと(笑)。


そのような中で印象に残ったのは……
やはり、ハクメイの過去絡みのお話でしょうか。
受けた恩を忘れず。
また、離れていてもどこか、通じているような?
絆みたいなものを感じました。


舞台こそファンタジーなのですが、
描かれているものは下町ちっく? とでも言うのかしら。
義理と人情が強めで。
また、人に加えて動物さんやら虫さんとの交流もあり。
異種共存で楽しくやっている様も魅力的なんですよねー。


絵的にも満足、です。
相変わらずの見応え……描き込まれている絵がまた、
世界をより強く組み上げている、そんな感を受けます。


お話の間に挟まるコラムもまた、
『ハクメイとミコチ』の世界観を補完する感じでして。
あまり長すぎず、ちょっと一休みしながら
何気に、より作品を楽しめる知識が入るのが素敵で。


と、今回もめいっぱい楽しめた
『ハクメイとミコチ』なのでありました。
大きな目的があったり、
敵をバッタバッタと……という作品ではないですけれども。
楽しく日々を生きている彼らを観ると、
ちょいと元気になれるのよねー。
ということで、次巻も楽しみに待つといたします!
1年後なのかなぁ、やっぱり(;^_^A。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。