読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

三部けい先生『僕だけがいない街』9巻 KADOKAWA/角川書店 感想。

有楽町の書店にて仕事帰りに購入。
発売日よりちょっと早めに出ていたみたいで……。
8巻のあとがきで予告のあった外伝です。
主要登場人物の雛月、ケンヤ、佐知子さん、アイリと
悟の関わりについてのエピソード集。


読んでみますとさすがに本編に入れるのは難しそうで、
それでいて大事そうなお話で……。
本編を別視点で見る感覚が楽しいです。
雛月の気持ちをであったり、
ケンヤの小学生時分からの考えの変化や
キーポイントとなるコトだったり、
佐知子さんからみた子どもの悟であったり。
そして、アイリね。


ものすごい感動がー、という感じではなく、
静かに隙間が埋まる感覚……でしょうか。
すこーしだけあった消化不良感がコレですっきりした、
そんな読後感でありました。
あぁ、完結したんだ、と。


何やら新連載準備のお話もあとがきにあり、
今後の三部けい先生の活躍にも期待したいところ!
ネパール滞在のお話も最近リリースされましたけれど、
ますます楽しみに……って、
とりあえず、三部けい先生、連載お疲れ様でした。
新作、楽しみにお待ちしております。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。