読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

サドルを調整して80kmほど走行。

cycle

昨日走った感想をば。


前回の初日の出走行時に膝裏……といいますか、
ふくらはぎ上部が痛くなったこともあり、
サドルの高さを調整してある程度の距離、走ってみることにしました。
結果としては、先日にくらべて痛みもなく、
快調な滑り出しとなりました。

サドル調整。

2mmほど下げました。
正直、ここまで気をつかったことは今まで無かったのですが、
メジャーでこれまでの高さを測り、記録した後、変更。
前の自転車では膝が痛くなる、なんていうことはまったくなかっただけに、
どうしたものか、困惑の日々なのです。

出発。コースは……。

7:30頃に自宅を出発。
多摩サイを走って関戸橋まで行き、
そこから鎌倉街道へ入り、
新袋橋交差点付近から鶴見川サイクリングコースへ。
以降、鶴見川沿いを走って第一京浜に入り、
多摩サイに戻って帰宅、の、距離としては約80km。
初日の出時は20-30kmくらいから脚の調子が思わしくなくなったので、
80kmくらい走れば大体は掴めるかな、と思ってのコース選択。


過去、別の自転車で、ではありますが、
数回走ったところでもありますしね。


もちろん、
RALEIGH RSR RSW RACEがお供、です。

久し振りの狛江から上流。

多摩サイをゆるゆるさかのぼり。
わりと良いペースで走れて満足ではあるものの、
向かい風が少々しんどい、そんな塩梅の滑り出し。


狛江ダートを側道? で回避し、
あらためて多摩サイに戻って走り出してみたら……
なに? この段差。
調布市の区間ですかねー。
オレンジ色のわりと高めの段差がコース内に配置され、
がっくんがっくん、ひどい有り様。
サドルバッグの後ろにちょっとしたポーチを追加で着け、
そこに補給食などを入れて走っているのですが、
それが段差で飛び出してしまうくらい。
下手したらリム打ちパンクするんじゃないの? という……。
"歩行者注意"的な表示も盛り上がった感じで舗装されていて、
注意もなにも、
それ自体があぶないやん! と言いたくなる状況で。
おばちゃんのママチャリがサイクリングロード中央付近を走っていて
あぶないなー、と最初思ったものの、
よくみると、盛り上がった変な注意表記を避けて走ってるのね。
もう、これは仕方ないよね……。


積極的には多摩サイの調布区間は走りたくないなぁ、
と思った次第。

関戸橋着。若干膝に違和感。

10:00くらいでしたでしょうか、関戸橋に到着したのは。
この頃、膝裏に違和感。
ピリピリした痛み、というか。
ここで少し、ペダリングのイメージを変えました。
おそらく、踏み込んだときに踵がペダルより下に落ちている、
と予想しまして、
もっとも下まで踏み込んだ際に地面と平行になるようにまわそう……と。
こうすれば、踵が下に、ということにはならないか、とも。
功を奏したようで、これ以降、膝裏の痛みもなく、
走ることができました。
もちろん、疲労はありますけど(;^_^A。

のんびり鶴見川沿い。

お天気の良い中、鶴見川沿いをまったりと。
新横浜公園以降、向かい風が延々と続いてしんどくはあったのですが(笑)。
風景的には本当、素敵な休日で、心は和みました。
黄色い素敵なランドナー? に乗っている方もみかけました。
いいなぁー。

多摩サイ走って帰着。

〆は多摩川サイクリングロード。
抜いていったロードについていくことで風を避けつつ。
13:00ですかねー。


速さ的にも私にしては頑張った方で、
膝の調子も悪くなく。
満足のできたサイクリングでした。


日曜日を休養日として、
月曜日、改めて100kmちょっとに設定して走ってみて、
脚の様子を確認したいと思っています。


どこ走ろうかなぁ?

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。