読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

2013-03-24(Sun.)『MUSIC CAFE SO-SO 6TH Anniversary 〜花は咲いたか桜はまだか?6周年だよ!全員集合!〜』MUSIC CAEE SO-SO 感想。

live

Link:SUGAWARA Ryuhei Official Website
Link:MUSIC CAEE SO-SO
入間はMUSIC CAEE SO-SOのライブ? イベント?
行って参りました。


ちょっと自宅から遠いのが難点、ですが……2時間近くかかるので(^^;)。
それだけに特別な?
非日常的な感じもあり、お気に入りのCAFEなのです。
そのようなところが6周年を祝う、というのですから、
どうして行かないことがあろうか! という訳で。


16時開場、17時開演、ということは分かっていたものの、
終演の時間が不明。
ただ「長丁場になる」的アナウンスはあったので
軽く覚悟しつつ開演を迎え。
お目当てのガーラさんは確か4番目の登場だったでしょうか。
いきなり『ロックンロール36』からのスタートでびっくり!
単独ライブだと大抵、締めの方にまわる曲なので。
新曲の『りんご娘』、『ヘイヘイマイマイ』も歌ってくれました。
『ヘイヘイマイマイ』は先日の下北沢CCOに続いて二度目でしたけれど、
聴く度に深くなっていく予感。
スルメ的名曲になりそうな。
『教科書通りのフォークソング』は入間で生まれた曲、とのことで、
こちらも。
そう思って聞くと、さらに良く聞こえてしまう不思議で(笑)。


他の演者さんもみなさん、素敵でした。
初見か2回目、という方ばかりだったものの、
こういう縁を大切に、色々な音楽に触れあっていけたらな、
と思うのでした。
そういう場にSO-SOはなってくれているような。


高橋てつやさんは初見でしたけれど、
ユーモアたっぷりなMCと迫力のあるボーカルでぐいぐい、
引いてくれまして。
CDでじっくり聴いて、ライブにまた行ってみたいな……と。


本夛マキさんは以前、
ガーラさんと一緒にライブされたときに観て以来。
芯のあるボーカルにテンポ良いギター。
何気にカバーの『年下の男の子』が素晴らしくツボでした(笑)。
だって、カッコよくてかわいいなんて、反則ですよ。
CDの物販、あったみたいでしたが、
残念ながら終演後の混雑で購入は断念。
……次こそは……。


イノトモさんは初見でしたけれど、
世界観のある、というか、
ずーっと、ゆったり聴いていたい感じで。
正直なところSO-SOにこの日、行っていなければ出会わなかったのかな、
と思うと、やっぱりライブって面白いな、と。


SASAKLAさんもたぶん2回目。
以前聴いたときは、なんとなくとっつきにくい、
という印象が正直なところだったのですが、
今回はじっくり楽しむことができました。
私、英語がからっきしなので、
隅々まで……とはいかないまでも、
歌声の良さだったり、優しい聴き心地だったり、は、
素敵だな、と思うのでした。


オープニングを飾った西口、のお二人。
最初からテンション高くのせてくれて、
とても素敵だったと思います。
会場販売のCDも、パッケージを見せて頂きましたが
素敵なデザインで。
迷わず買えば良かったな……と少し後悔しています。


おおたけしさんは初見。
なんだかんだ、五臓六腑の印象が強いです(笑)。
わたしとしては大ウケでしたので、
もっと推していってほしい曲なのですが。


順不同ですが、ざっくりこのような感想でした。


ガーラさんのファンになって、
ジョンBさんを聴くようになって、
そういう繋がりがなければSO-SOにまで
思い切ってでかけることもなくて。
色々なつながりがあって、
今回の出演者さんたちの曲にも出会えた訳ですから、
なんだかイイよね、と思いますし、
SO-SOにはまだまだ頑張ってもらわないと! などと。


ともかく。
SO-SO、6周年、おめでとうございます。
素敵な音楽をこれからも末永く提供して頂けると嬉しいです。
私もできる範囲で出かけられれば、と思います。


……当日の終演は21時頃、となりまして、
なんだかんだで私が入間市駅にたどりついたのが22時過ぎ。
自宅着は24時を回っていました……。
21:00ちょっと過ぎあたりが限界、と知った夜、でもありました。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。