読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

原作:ヨコオタロウ先生/作画:森山大輔先生『君死ニタマフ事ナカレ』2巻 スクウェア・エニックス 感想。

Link:君死ニタマフ事ナカレ | ビッグガンガン | SQUARE ENIX
※第1話立ち読みあり。

待望の2巻!
って、1巻から一カ月しか経っていないですけどね……。
一冊目で絶望の展開を見せつけられたこともあり、
どうなることか、ということで手に取ったのでありますが。
個人的には少し意外に思いつつも、
さらに楽しみな流れになってきたな、と思った、
そんな2巻なのでありました。


では、さらりと感想を……なのですが、
これは絶対、1巻を読んで、
そのまま余計な情報なしで2巻に手を出した方が面白いケースなので、
未読の方は要注意……ですね。
Amazonの内容紹介にも余計なこと、書いてないですしね……。


★以下、ネタバレがありますので注意★


1巻は、超能力を授けられ、
特殊な教育を受けた特殊能力高等学校の生徒が実戦投入。
殆どが死亡する中、
クロイ、マシロ、アサギ、ボタン、ミズカキが何とか生き残り、
戦地からの脱出を試みる……というところで終わりまして。
やはり気になるのは、
彼らがどのように生き延び、帰国の後はどうなるのか……
なのでありましたが。


わりとサックリと生還した印象で……
とは言え、どことなく裏のありそうな助けられ方、
でありまして、今後に不安を残す感じで。
マシロの力は……今後のお話にどう絡むのかしら。
クロイとの関係にも大きく影響しそうですし。
今後の見どころのひとつ。


ようやく学園要素が活きてくるかー!
と思ったのも束の間、
聴取を受けたり、教員陣の入れ替えがあったり、と、
本来味方である筈の学校側も色々とある模様。
まず、新校長が如何にも曲者っぽい雰囲気。
……どのあたりと繋がっているのか、気になりますね。


新一年生もいきなり派手にやらかしており、
なかなかに帰国後も面白くなりそうな。
彼らが追っているモノも何なのかしら。
そのあたりをクロイたちも追い始めて、
色々と知ってしまうのでしょうけれど……。


派手な表現が目についた1巻に対し、
2巻はおとなしめでしたので
安心して読み進めることが出来ました。
ただ、新しい仲間になりそうな新一年生の能力をみる限り、
今後、ろくな事にならない予感しかしないのですけれど(笑)。
それ故、ちょっと休憩な2巻、だったのかもですね。


正直なところでは全滅ENDなども想定しながら待っていた2巻。
良い意味で裏切られた、そんな感じの読後でした。
折角の学校要素ですし、
また、見せつけられた戦場の背景にあるもの、
というのも色々と見てみたいですし。
彼らを戦場に送り込んだ組織や人……ね。
もちろん、クロイ、マシロの今後、
今回は殆ど出番のなかったボタンも色々動くでしょうし、ね。
楽しみ広がる2巻、でございました。


3巻はちょっと先になりそうですね。
まったりと待ちましょう。


明日は森山大輔先生の短編集が発売、ですね。
Kindle版は1日遅れの2015/11/27なので、
電子版待ちの私はちょいと残念。あ、『森山大輔短編集 ここにいる睡蓮』は
もう発売されていますね。コレは紙の方で持っているので、
なかなか手を出しにくいところで……
紙版にない何かがあったら買うのですが。
んー、どうなんでしょう。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。