読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

『月刊ドラゴンエイジ』2016年6月号 KADOKAWA/富士見書房 感想。

comics

ドラゴンエイジ 2016年6月号

ドラゴンエイジ 2016年6月号

Kindle版のリリースを待っていたらもうこんな……
最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』の最終回掲載、
ということで、一刻も早く読みたかった……のですが。
まぁ、こういう待たされる感じもひとつの楽しみと受け取って、ですね。
そりゃあ、前向き過ぎるか。
ともかく発売タイミングは統一して欲しいところ、です。
「Webという地域は発売日が異なるのだよ!」
な、ところなのかもですが。


んでもって、表紙は『トリアージX』の美琴。
胸元に……と言いたいところですが、
私的に注目は太ももですね! これは素晴らしい。
挟まれたい!
……でもまぁ、最終回なのですし、
『妹ちょ』表紙でも……と、すこーし思ったりもしながら、
チェックした作品の感想でございます。

佐藤ショウジ先生『トリアージX』

CACE:7 Fatal disease X metastasis


どうするのかしら? と思っておりましたが、
なんとか弱点的なものも見えてきて。


ゾンビ的な変異を遂げる人々。
街はもちろん、嵐や美琴の通う学校も例外ではなかった訳ですが、
なんとか解決策が……
もっとも、根の部分に首領たる望月先生がいる、
ということになれば、そりゃそうか、感もありますね(^^;)。


ただ、被害の範囲も広いですし、
どうおさめるのかなー、というのは興味の出るところで。


美琴についての
「接触させるわけにはいかない」
理由も今回でスッキリ。
ただ、このままで終わるような美琴ではない筈なので、
嵐のピンチに登場してくれることに期待!


文字通り、光明が差した。
そんな展開ではありましたが、ここから一筋縄にいくようにも思えず。


引き続き、嵐たちの活躍に期待、でございます。

松沢まり先生『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』Scene 54

「ただいま お兄ちゃん」


巻中カラー、見開きで。
素敵で。
まぁ、出オチ状態ではありますが(笑)。
こういうのなら大歓迎で。
んー、画面キャプチャ―して壁紙にしたいくらい。
雪姉がいるのも私的にはとても嬉しいです♪


冒頭が出オチ状態だっただけに、、
こうなるのだろうなぁ、と思い浮かべながら読み。
実際、大きく逸れることもなく、なのですが。
何しろ、皆、良い表情をしていて。


再会の場面は、本当に、ドキッ、としてしまって。


あと……まぁ、雪姉も勝負からおりていないみたいですし、
良かったです(笑)。
やっぱり、可愛いですしね。


松沢まり先生、おつかれさまでした。
最初からドキドキさせられっぱなしの作品だったような。
もちろん、TSTだったり、
強いインパクトのあるタイトルに惹かれたのが
チェックをし始めたキッカケではありました。
ただ、最後までお付き合いできたのは、
美月だったり、日和、
夕哉に、雪姉……といった皆が魅力的で、
作中で活きていたからなのかな、と。
夕哉とはどうなるんじゃい! という声もあるかもですが、
そもそもが美月と日和だったと思うので、
この着地は素敵だな、と思ったのでした。
雪姉がまだ戦線離脱していないのも嬉しく(そこ?)。


若干、後日談を観たくなる感じは残りつつも……
大満足させて頂いたな、と。


新作も楽しみに、気長にお待ちしております。

的良みらん先生『神殺姫ヂルチ』第20柱

ゲーティア施設内にて活動を進める一行。
ただ、いよいよ組織にも発見され、残り時間も僅かに。


室姫さんの方は重要な情報を入手できた模様で。
この絡みで先々、展開していくのかしら。
春臣くん父の狙いは、
上手くいくかは微妙なところっぽいですけれど……。
まずは脱出できるかどうか、でしょうか。


肝心の春臣くんの方は、能力の発動もあった訳ですが、
ちょいとヂルチがピンチ?
いや、かなりでしょうか、みた限りでは。
春臣くんの動きは天性のものなのか、
"ソロモン王の指輪"の力の範疇なのかは気になるところで。
わりと、いきなり強い状態に見えまして(^^;)。
んー、どうなんでしょう?


お話的にも先々、楽しみな展開になって参りました。
ヂルチたちは危機を乗り越えられるのか?
得られた情報から、どのように動くのか?
なんとなく今回出会った娘たちとも
共闘していくことになりそな気がしないでもありませんが……
いや、可愛いんで……。

神殺姫ヂルチ (3)

神殺姫ヂルチ (3)

里好先生『哲学さんと詭弁くん』問9

「雨は良いか悪いか?」


タイトルこそ序盤のお話に絡みますけれど、
後半の話は男性の浪漫のお話ですよね(違)。
エロに関する色々はとても面白く。


なんというか、
しみじみとえちぃのが良いですよね、哲学さん……。
いつか、表紙を飾らないかしら。
詭弁くんは今後も振り回されつづけそうでアレですけれども。


最後に目撃されてしまったのは
今後のお話につながったりするのかしら……
だとしたら、ひと波乱ありそうですが、
まぁ、普通にリセットして進みそうではあります(笑)。


今回も哲学さんのなんともえちぃ感じを満喫できたので
大変満足でございました。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。