読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

九井諒子先生『ダンジョン飯』3巻 KADOKAWA / エンターブレイン 感想。

丸1年ぶりな九井諒子先生『ダンジョン飯』新刊!
待ってました~!


ということで、今回もKindle版購入でございます。


相変わらずな珍道中と面白い料理の数々。
ヒト型? のものを食すかどうか、の
気持ちの問題とか(笑)。
最初はモンスター食に抵抗感ありまくりだったエルフのマルシルが
徐々に変わってきた風なのが、
なんとも感慨深いというか、なんというか。
やたらとイカ推しだったのが意外(笑)。


過去のエピソードも描かれていたりで、
お話的な面白さも増し気味。
マルシルとファリンのエピソードは
なかなかに味わい深いものがありました。


以前の仲間との再会も、
ダンジョンに入る冒険者たちの周辺状況も伝わってきて面白く。
お金はやっぱり問題になりますよね……。


ライオスが腹痛に苦しんでみたり、
マルシルの負傷であったり、
ピンチもありつつも、ぼちぼち目的地? な終わり方でしたが。
果たして次巻ではどうなりますか。
ファリンは救えるのか? どんな料理に舌鼓を打つのか?
竜は美味いのか?
などなど、興味は尽きませんが、
この刊行ペースですと続きは1年後?
腰を据えて既刊読み直しつつ、ゆったり待ちますかね……。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。