読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

川崎直孝先生『ちおちゃんの通学路』4巻 KADOKAWA / メディアファクトリー 感想。

comics

洋ゲー大好き女子高生ちおちゃんのトンデモ通学風景を描いた
『ちおちゃんの通学路』4巻。
相変わらずの……と申しますか、
キャラクターがますます良い塩梅で回り始めていて
とても良い塩梅でございます。


冒頭の雪さんのエピソード。
ここまでは比較的まともな人、として描かれていた雪さんなのですが、
まさか、な……健康的で、素敵な人……なのに(笑)。
なんというか、無自覚なのがまた。
老師と組み合わせると面倒なことになりそうな気が、
しないでもない(^^;)。
とはいえ、こういう違和感のあるコトの中心にいる本人って、
無自覚なケースが多いと思うので、
程度の差こそあれ、わりと日常にも似たようなことは転がっているのかも?
なんて思ったりも。
……しかし、注目から逃れようとするちおちゃんが、
これまたアレでございました(笑)。


カバディ特訓話に登場した老師も改めて出番が。
一度きりだったり? と思っていたのですが、
良いキャラクターですし、活かさないのも勿体ないところで。
今回もその実力(?)を発揮しておりまして、流石な感じ。
しかし、マイスターっぽい老師をそして、
そういうコメントをもらってしまう、眼鏡はずしたちおちゃんの素顔って……
まぁ、そういう方が好み、ということもありますし、ね!


安藤さんとちおちゃんの関係は進展……とみて良いのかしらん。
少々、というか、かなりズレた安藤さんのアピールに
満更でもなさそうなちおちゃんでありますが。
……さすがに最後の展開はアレでしたけど(^^;)。
まだまだ先々、ありそうではございますが、
今後も楽しみなふたり、ではあります。


風紀委員な篠塚さんのお話も面白く。
真面目が故、と申しますか……。
しかし、買い食い、駄菓子系でここまで楽しそうなお話って、
初めて読んだような。
楽しそうで、
しかも、近しいことをやらかした記憶が呼び起されて。
こういうお話、良いですなぁ。


……と、満喫の4巻でありました。
5巻も購入したので、こちらも近々!

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。