読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

ハルミチヒロ先生『あにいもうと』白泉社 感想。

あにいもうと (楽園コミックス)

あにいもうと (楽園コミックス)

一筋縄ではいかない感情の詰まった恋愛作品集。
タイトルからも伝わりますよね、そういう感触。


表紙は、ちょっと幼げな女の子たちが飾っておりまして。
ハルミチヒロ先生作品って、
大人っぽかったり、おとなぶっていたり、
女の子が多いだけに、
ちょいとこの表紙は珍しいかも? とか、思ったり、おもわなかったりで。


基本的には一話完結の短編なので、
他作品を読んでいなくても大丈夫、です。
 ※一部例外あり。


では、各収録作品の感想をば。
誌面掲載時に感想を書いていたりもしますが、
時間がたちますと、わりと受ける印象も違ったりしますので。

■ガールフレンド

女子校の人気者と、
アクシデントのあった女の子のお話。


ちょっと百合っぽい印象もあったのですが、
読み直すと、友情なのかな? とも思ったりもしつつ。
何というか、感覚ですけれども……。


女子からの人気は集めるものの、
友だち、と言えるひとは少なそうで。
そのような中で、わかりあえる人に出会えた、というような。


後々、恋になるのかもしれないけれど。
そんな読後でございました。

■間違ってる恋

手が届くところにいて、ちゃんと手も届いて。
とても大切で。それ故に。


もどかしくて、辛くて。
でも、なにかわかる気がして。


行き場のない気持ちがたまらない。
そんな作品でございました。

あにいもうと

表題作。
私も妹がいるので色々と思うところもあり。
さすがに恋はしませんでしたけれど。
そこまで仲が悪いわけでもなく、
ちゃんと? 誕生日プレゼントくらいは贈りあうくらいの
関係は続いていまして。


そういうことを思い返しつつ。
ちゃんと、お兄ちゃんの結婚式、出てるだけ偉いわ。
などと。

あにいもうと after

納得、な後日談(笑)。
そうなるかー、と(;^_^A。
ちゃんと受け入れた、ということなんだろうなぁー。
ほっこり、でございます。

■春になったら

ちゃらい大学生男子と、いとこの中3女子受験生のお話。
しっかり、タイトル通りのお話で、
清々しい青春なお話、でありました。
どっちが春を迎えているのやら、ですが、
なんだかんだ、明るさと実行力に惹かれて。


いとこ、なかなかに人を見抜く目が……とか、
思ったり、思わなかったり。

■キラキラ

短いお話、ではありますが、きれい、です。
全部まとめて好きになれる、というのは素敵ですよね。

■夜をとめないで after

さすがにこれは、
もとのお話を読んでいたほうが……
いや、読んでいないと辛い(笑)。

夜をとめないで

夜をとめないで

魔法使いの娘

娘を大切に思う母から魔法をかけられて……と、
ハルミチヒロ先生作品では、
私は初めてみる、ファンタジー要素をもった作品で。


ちょいと変わった設定ながらも、
それほどの違和感もなく、
また、魔法をかけた母にも、彼氏さんにも、
悪い印象も持つことなく読了出来。


バランスの良い、面白い作品、
と思ったことでした。
恋愛に対するスタンスも〇、かな、と。
個々人の環境によりますよね、きっと。

■かわいいひと

微妙な距離感に悶々と。
きもちをわかった上で動いているのかな?
どうなのかな?
と、思いながら。
どちらが"かわいい"と思っているのか……
こういう感じ……解決のない、そういうところが、
良いんですよねぇ、うん。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。