読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

2014-02-16(Mon.)『KAN BAND LIVE TOUR 2014 Think Your Cool Kick Yell Come On !』 ZEPP TOKYO 感想。

Link:KAN オフィシャルウェブサイト - www.kimuraKAN.com
Link:Zepp|Zeppライブエンタテインメント


KANさんのバンドライブツアー、行って参りました。
さすがのステージ……あっという間の約3時間。楽しかった―!
笑いあり、感動あり……たまりませんでした。


ということで、さっくり感想をば。


★ネタバレ注意!★

会場まで。

職場を17:00頃に出、お台場へ。
今回は新木場からりんかい線で移動。
いつも、りんかい線といえば大崎から、なのですが。
で、乗っていますと「東雲」駅通過で大興奮(笑)。

東雲

東雲

KANのアルバム「東雲」を思いだしまして(^^;)。


ほどなくZEPPに到着。
ほぼ定刻に開場となりました。

物販。

今回もグッズが出ていたので色々購入。
デモテープCDにタオル、カレンダーに素数トランプ(笑)。
素数トランプも2つあって、どちらを買うか迷ってひとつを購入。
どれも一ひねり効いたアイテムなので
ファンなら是非、ですね!

オープニングアクト

今回は開演15分前からオープニングアクトがありまして。
ツアーメンバーにも入っております菅原龍平さんのステージ!
本編はもちろんですが、私はこちらも楽しみでして……。


会場がまだ埋まる前、ざわめきが残る中に始まったオープニングアクト
「オープニングナンバー」>「カントリー坊や」>「教科書通りのフォークソング
という感じでしたでしょうか。


実は、私が初めてガーラさんの歌を聴いたのが
ZEPP TOKYOでのラッキーラクーンナイト Vol.1 オープニングアクト
とても思い出深い会場でまた、
というのもありまして色々と想いを巡らせつつ堪能。


そういえば新ギターではなくて以前から使われているギターでの演奏。
あの時と同じギターなのかな……。


ガーラさんの歌に興味を持たれた方がおられたら、
是非、ホームページ他、チェックされることをオススメ、なのです。


Link:sugawararyuhei.net
Link:gala_sgwr's sounds on SoundCloud - Hear the world’s sounds

本編。

で、オープニングアクト後、しばらく間があってから始まるのかな?
と思いきや、そのまま直立不動なガーラさん。
微妙な雰囲気になる会場(笑)。
このオープニングの演出……さすがKANさんだなー、と(笑)。


曲も新旧絡めた面白い構成で。
「ホタル」はKANさん、ガーラさんの振り付けも格好よく。
「BRACKET」はもともと好きな曲ではありますが、
ライブで一層好きになった感じで。歌詞についてのMCも面白かった(笑)。
アコースティックでの「Girlfriend」も素敵でした。
折々の西嶋さんとのやりとりも流石、の一言で。
大笑いしながら楽しみました。


で、今回の見どころは新曲!
「scene」? は曲がミスチルイメージ、
歌詞はスキマスイッチの「全力少年」イメージとか。
全力少年」は聞いたことないのでアレでしたけれど、
ミスチルっぽいのはわかりました(^^;。
も1曲は……「サクラナイトフィーバー」でしたっけ?
ちょっと違うかも……
サクラの気持ちで、というちょいと変わった歌詞の
ディスコな曲になっておりまして。
簡単な振り付けもあり、会場一体で楽しめました。


終盤は原田省吾にマイケルも登場、
毎度おなじみ全曲つなげもあり、
ガーラさんの奇跡チャレンジもさらっと織り込まれ、
最後まで目を離せないステージでした。

総括。

22:00頃終演。
ギターがセンパイから変わったり、
ガーラさんが参加されたりと、これまでのツアーからのメンバー変更もあり、
ちょっと心配しながら会場へ向かったのですが、
いざライブとなると杞憂、でございました。
さすがはKANさんのライブでしたし、
ガーラさんもしっかり活躍しておられて。
カブレルズの「Chu Chu Chu」はコーラスも綺麗で印象深かったです。


ほんとは追加公演にも行きたかったですが
他のライブが被ってしまってそちらは断念、になりましたが、
この1回だけでも濃密な時間を過ごすことが出来、満足でした。
ライブの醍醐味、とでも申しますか。


また次のKANさんライブが楽しみになってまいりました。
……という感じでKANさんファンの循環に入り込むのよね(笑)。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。