読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

古味直志先生『ニセコイ』23巻 集英社 感想。

ニセコイ 23 (ジャンプコミックス)

ニセコイ 23 (ジャンプコミックス)

"イツカハ"
表紙は鶫。
女の子らしさ溢れるところが○。
ちょっと後ろの春ちゃんが気になるところですが。
どうお話に絡んでくるか……なんて思いながら読み始めた23巻。


それぞれ、自分の気持ちに気づき、悩み、整理して、
自分なりの答えを導き出して……。
美しい涙もあり。
恋愛モノのちょっと辛いのが好きな方には
たまらないのでは……って、私がたまらなかっただけですけど(笑)。
春ちゃん、やっぱり可愛いわ。
ということで(?)感想をば。


★以下、ネタバレがありますので注意★

■デート。

第198話 グウゼン
第199話 マジコイ
第200話 キヅイタ
偶然が重なりまくって……なふたりの、
いつもな感じのエピソードがなんともで(笑)。
らしいっちゃらしいですし、
ちゃんと落ち着くべきところにくるところも、
安心して読んでいられる、というか。


ドタバタはしたものの、
千棘の狙いは達成できた模様で。


んでもって……ある意味、
気持ちの区切り的なものも感じて。


見開きページは、シンプルながらもなんというか
……感動したかもです。


しかし、こうなってしまうと楽の性格からして、
ちょいと面倒そうだなぁ、とも思ったり(笑)。
んでもって、「ざまぁ(笑)」という感じもあったり(^^;)。
散々、悩むが良いっ!


そして、こういうときに持つべきは良い友達よのぅ。
なんて思ったことでした。

■おひさしぶり、な春ちゃん

第201話 ハルカゼ
第202話 シンケン
第203話 ハジマリ
何だか久しぶりの感じがする春ちゃんエピソード!
もうね、いいの。出てくれれば(笑)。
可愛いなぁ、やっぱり。


でも……んー。
楽はともかく、春ちゃんが思い悩む姿は心が痛みますね。


そして……春ちゃんらしいカタチで気持ちにも一区切り。
ちゃんと面と向かって、言えることは言って。
美しい涙。
清々しい出発。
うん。良いお話でした。
ちょっと寂しいけれど、
吹っ切れた表情の春ちゃんは、これまた可愛くて。


やっぱり、春ちゃん素敵よね、
と思えるお話になっていて良かったです。
区切りはつきましたが、
次に登場するときにもハッピーな笑顔を観られるといいなぁ。

■鶫。

第204話 チャンス
第205話 ソウヨブ
第206話 イツカハ
鶫のお話。
自己完結型っぽいのでどうなるのかな、
と思いましたけれど。


これも鶫らしいエピソード、ですね。
楽は変わらず鈍感で。
千棘はどこかしら、
気づいてるところもあるのではないかしら。


秘密を知り、自分の気持ちにも気づき。
千棘の本当の想いを確認して。


伝えずに飲み込む……
鶫の中では納得はできたように見えて。
とても辛いけれど、
こういう千棘のことを最優先に考えて、
という鶫が、魅力的で。


これまた良いお話だったかな、と思いました。

■舞子くんとるりちゃん。

第207話 ダイガク
進路もいよいよ固めなければ、な時期。
舞子くんとるりちゃんは……
ということで、これまた気になるふたりのエピソード。


きっちりしているようで、
舞子くんに振り回されてしまうるりちゃん。
おどけているようで、
どこか冷めた風のある舞子くん。
傍目からみたら……んー、どうなんでしょう。
お似合い、かな?


なんだろうな。
舞子くんが将来になりたい職を口にしたとき、
さらりと、るりちゃんが言ったのをみて、
ギュッと胸を締め付けられるような気持ちに。
たぶん、るりちゃんの気持ちだったり、
舞子くんの想いを想像して、反応しちゃったのでしょうけれど。


……ということで、
このラインの先も気になるところ、なのですが、
次の巻に続くのでした。
ギギギ。

■番外編"トナリノ"

万里花と鶫の番外エピソード。
彼女らにとっては何気ない日常……
なのかも、ですが、
番外編としてこういうさらり、としたものが読めると、
なんとも嬉しいものです。

★総括★

着地点を見据えて、それぞれのお話に決着を。
そういう展開になってきていますね。


楽は、千棘、小咲を明確意識し始めて。
自分の気持ちに気が付いて。
ここからの悩みが見どころで。


春ちゃんの気持ちに、
お話の中で区切りをつけてくれたのは嬉しかったところ。
回収しないで流されてしまっても仕方ない立ち位置、
だったかも、なのですけれど。
やっと終われた、というか。
辛くて、でも、ちょっとホッとした。
そんな春ちゃんの涙、にみえたかなぁ。
美しい。


鶫の気持ちも決着。
楽の鈍感さがアレですが、
これで察しが良かったら耐えきれない気もするので(笑)。
にぶちん、なぐらいで、よかったのかも?
鶫にしても、ちゃんと千棘の気持ちを確認して、
自分の想いも整理して……ですから。
きっと、これから素敵な恋が待っているのでしょう。
鶫なら大丈夫そうよね、うん。


23巻の締めに舞子くん、るりちゃんエピソードが来たのは
ちょいと意外だったかも?
読み始めた瞬間は……ですけれど。
もう、るりちゃんの一言でギュっとさせられたのは
上述の通りでして。
んー、どうなるんでしょうね。


寂しくはあるのですけれど、
ここまでのところは満足しながら読めています。
舞子くんとるりちゃんエピソードに区切りがついたら、
いよいよ本題……なのですかねー。
楽しみであると同時に、
うーん、いざ終わりそうになるともっと読みたくなるのよね(笑)。
そんな気持ちを抱きつつ、
先の話を期待し待つと致します。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。