読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

吉元ますめ先生『くまみこ』7巻 KADOKAWA / メディアファクトリー 感想。

Link:TVアニメ「くまみこ」公式サイト
Link:くまみこ(オフィシャルサイト) -吉元ますめ-
Link:雨宿まち(公式)(@kumamiko_machi)さん | Twitter
Link:クマ井ナツ(公式)(@kumamiko_natu)さん | Twitter


くまみこ』もついに7巻! 季節も夏!
夏といえば海! ということで、海なエピソードもありつつ。
表紙はもう、全開で海ですよね!
全力で日本海感がでていますけれど(笑)。
春が来たからニシンがくるとー♪

って、演歌歌っている場合ではないですね。
7巻の各話感想をばー。

■第三十七話●海・まち・イルカみこ

ここまでの舞台は主として山……
って、熊が主軸のお話ですから当然なのですが。
ここで一転、海エピソード!


6巻の締めがあまりに心配になる形だっただけに、
どうなるのかなー? と思いつつ読み始めてみれば、
わりと海の生活に馴染んでいる、
そんな風にみえる我らがまちちゃん。
……でも、若干違和感が? と思いきや。


まちちゃん、一歩ずつではありますけれど
成長しているようでひと安心。
都会の学校に進学できるかどうかは心配ですが(笑)。


しかし、なんだかんだ、
良い人に囲まれていますよねー、まちちゃん。

■第三十八話●暇な日

タイトルの通り? 暇な日の過ごし方。
なつと缶蹴り風ゲームを楽しむお話で。
巻き込まれてしまう響ちゃんがらしい感じでして(笑)。
妙な気を回すなつも◎!
自然と参加してしまっているよしお君も納得? です。


オリジナルのゲームのようですが、
どういうルールなんだろ?

■第三十九話●夏の決心

怪しい人影からの。
そいえば割と、肝試しってマンガやアニメでは見かけるものの、
結局、小学校の宿泊研修くらいでしかやらなかったような……。


響ちゃん、よしおくん、なつ、まち、
それぞれのスタイルで驚かす側に回って。
皆、キャラの立った感じでよろしゅうございました。


しかし、最初の方にまちが出会った少年って?

■第四十話●水辺の風景

まちのおばあちゃん? フチの指示で
ジュンサイを採りに行くことになった、なつとまち。
流れ上、ほのかちゃんとも一緒になってしまって……
って、そうなればひと騒動になるのは避けられず(笑)。


しかし、ジュンサイを採取時のまちちゃんが可愛いです。
こういうの似合いますなぁー。


ジュンサイ……たぶん、食べた事ない筈なのですけれども
美味しいのかしらん?

JA全農あきた じゅんさい たれ付き 70g×12P

JA全農あきた じゅんさい たれ付き 70g×12P

……んでもってこの少年、
第三十九話に登場した少年と同一人物なのかしらん?

■第四十一話●夏に浴衣

季節のお話!
夏、といえば安易に海に水着、となりそうですが、
くまみこ』は山メインですので、
それらしい感じに上手くまとまっていて。
レアな響ちゃんの浴衣姿も見られ、
嬉しいエピソードとなっております。


んでもって、保田清里さんピュアネスアイ、
まさかの再登板(笑)。
ほんと、意外とスタイルは良いのですよねぇ。
……なつは正体に気づいているのかな?
まだまだ活躍しそうな雰囲気がありますので、
保田さんの今後にも期待したいところでございます。

■第四十二話●遭難者

久しぶりな感じのある家電ネタでいきなり笑わされ(笑)。
つか、MDの曲名入力、辛かったですけれどよく、
ちくちく入力したなぁ……懐かしい。


お話はタイトル通りで。
山と熊、とくれば、ですよね(;^_^A。
ただ、なつは当然のように遭難者を探す側で。
おまけに周辺の熊の協力まで得て……
余計に大事になっているような?


流れで飲み会になっている村の面々も
なんとも微笑ましく(笑)。ありそうだなぁー。


で……んー、悪い人には見えないのですけれど、
このピンチ、まちとなつ、どう乗り切るのかな?
またもや惹きの強い場面で次巻へ……となるのでした。

■総括

アニメも一段落しての7巻。
安定した面白さで、ゆったり楽しめました。
若干、家電・コンピュータネタが少な目?
これはこれでよろしゅうございますが。
村の風物的なものがその分多めでしたし。
ジュンサイ、蛍に地域の遊び、と。


冒頭のエピソードからもわかる通り、
まちの進学も少しずつですが近づいてますし、
もちっとお話が進むとそのあたりの比重が増してくるのかなぁ?
そんな予感もしつつ。


んでもって謎の少年!!
どのような形で次巻に絡んでくるのか?
何故に山歩きをしていたのか、だとか、
背景も現状不明ですし……楽しみですね!


ということで、7巻感想は締め、でございます。
ピュアネスアイの活躍にも期待、ね!

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。