読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

志村貴子先生『放浪息子』12巻 KADOKAWA / エンターブレイン 感想。

放浪息子 12 (ビームコミックス)

放浪息子 12 (ビームコミックス)

中学最後の文化祭、
二鳥くんのクラスの出し物はファッションショー!
……って、どうするんだろう?
ということで、いきなり二鳥くんの動向に注目あつまる12巻。
ちょっと心配だったものの、
なんとか上手くおさまった感じで良かった……のかな?
二鳥くんの出番を見守ったユキさんとしーちゃんの心中は、
どうだったのかしら、というのは気になりつつ。
高槻さんとは良い想い出が出来たものの、
なんとなく、ここから二人の道が大きくわかれるような、
そんな予感もしたりして。
んー、どうなんでしょう?


それぞれの高校進学は以外な感じに……
わりとリアルな展開、なのかもですけれども。
小学校時分のいじめっ子とそれなりの関係になるのも、
なんとなく生々しく。
全部がぜんぶ、こうなる訳ではないですけれど、
こういう間柄ってあるよなぁ。


アルバイトエピソードは……いやぁ、まぁ。
さすがはアグレッシブな二鳥くん、としか(^^;)。
バレずにそこそこやってしまうのもさすがですし、
色々あったあとも、信頼は勝ち得ているところとか。
なんか流石な感じが。


それぞれの将来に向けて歩みはじめた12巻。
ぽつぽつと着地点も見えてきた……のかな?
二鳥くんはこのまま突っ走るのかな。
高槻さんはわりとそっとおさまりそうな感じ、ですけれども。


いよいよ終盤戦。
楽しんで参ります。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。