読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

影崎由那先生『かりん』2巻 KADOKAWA / 富士見書房 感想。

雨水くんとより、間合い狭まる第2巻。


吸血鬼一家にありながらも、
特異体質にて増血してしまう果林。
決定的な場面を雨水くんに目撃されてしまって……。


雨水くんは妖しげな場面を目撃してしまったこともあって
果林のコトが気になって仕方ないですし、
肝心の果林のほうも見られた自覚からか、
微妙な態度に出ざるをえず、という感じで。
一応は秘密を共有する間柄、な訳で、
恋愛に発展する要素はあるのですが、
ここからどのように持ち込むか? ですね。
妹の杏樹はふたりを進展させたいように見えますが、さて?
兄君は微妙なスタンスっぽいですけれども……。


バイト先が一緒で、
お互い、どうしてもバイトを続けなければならない事情アリ、
という縛りは大きいですねー。
学校で何があろうが、避けられない訳ですもん。
このふたりの着地点が何とも楽しみです。
果林の両親からも交際許可? を貰ったようなものですし、
あとは若いふたりにまかせて……ともいかないでしょうが(笑)。


あと、雨水くん母ね。
確かにこれは、無自覚にまわりを巻き込みそうな……
耐性のないひとをコロリとさせてしまうような……
アニメ版も良かったですけれど、
さすがは原作、で魅力満点でございます。
機会は少なそうですが、出番に期待、です。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。