読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

糸杉柾宏先生『いいなり』2巻 秋田書店 感想。

comics

容姿端麗、成績優秀、完璧超人? な生徒会長"有栖川ミサ"。
彼女は秘密の趣味? 性癖? を持っていて……
ふとしたキッカケでそれを知ってしまった波多野くんは、
彼女の言うがまま、その趣味にお付き合いすることに?


ということで、
背徳感満点な糸杉柾宏先生『いいなり』2巻でございます。
あぶない趣味にお付き合いしつつ、
少しずつ会長の家庭環境も明らかになってきて。
登場人物もじわり、と増えてくるのが良い塩梅で。


収録のお話、感想をさらりと。

■第4話 まらそん

最初のエピソードは、
学校のマラソン大会にアグレッシブに挑む会長(;^_^A。
走るだけでも大変なのに、
会長の趣味サポートも重なってしまう波多野くんの大変さよ……。
ちょっとしたご褒美っぽい? アクシデントもあった訳で、
これはこれで波多野くんはハッピー、ということなのかしら。

■第5話 どんかん

眼鏡っ娘な幼馴染・坂口さんと遊園地!
なお話ですが、もちろんそれだけでは済まないのでありまして。


見知らぬ人に見られるかもしれない!
という緊張感もアレですが、
知人に……というのはまた、一味違う……のかしら。


坂口さんの波多野くんへの気持ちを知った会長でございますが、
コレが今後のお話に絡んできたりするのかしらん。
……まぁ、坂口さんが行動するでしょうから、
ひと騒動になりそではございますが。

■第6話 かなづち

会長宅にあるプールで水泳の特訓と相成った波多野くん。
自宅なら安心だ! と思いきや、そうとも行かず。
また、ライバル? 執事・カイト氏も登場しまして。
なかなか面白くなってまいりました。


会長の趣味の後押しをする波多野くんに、
なんとか会長を守ろう? とするカイト氏……。
おまけにカイト氏、ちょいと性格歪んでそうな上に、
いろいろと一枚上手っぽいような。


ちょいと大きく動いた感のあるエピソードでございました。

■第7話 めいれい

第6話からの続き。
カイト氏がさらに深く関与してくるキッカケになる……
と申しますか、会長の動きはともかく、
意外だったのがカイト氏のとった行動でありまして。


なかなか面倒になって……面白くなってきましたね!
ここからどのように動いていくのでしょうね?
波多野くんの苦労もさらに増す感じでありまして。
むむむ……と唸る第7話なのでありました。

■まとめ

最初は安定のエピソードでしたが、
幼馴染のお話あり、新キャラクターな強敵も登場し。
今回も楽しめましたけれど、
先々により期待したくなる、そんな2巻でございました。
なにより波乱の予感しかしない締めがまた(笑)。
次巻も楽しみです。


※電子版の特典イラストも嬉しゅうございました♪

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。