読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

白乃雪先生『あたりのキッチン』1巻 講談社 感想。

Link:あたりのキッチン! / 白乃 雪 - アフタヌーン公式サイト - モアイ

あたりのキッチン!(1) (アフタヌーンKC)

あたりのキッチン!(1) (アフタヌーンKC)

新刊をざーっと、Amazonで眺めていたところ、
ふと目に入った眼鏡っ娘の表紙。
可愛かったので、即、Kindle版を購入。
……いいのか、それで……。


実際、読んでみても面白いですし、
表紙の眼鏡っ娘は可愛いので、満足しております。
こういう出会いは大事ね!


コミュ力(りょく)皆無な女子大生、辺清美(あたりきよみ)さん。
料理が得意、ということで定食屋さんでアルバイトを開始するのですが、
当然のことながら調理系のお仕事がない訳ではないにせよ、
接客にも従事せねばならない訳で……
前途多難な予感はあれど、その料理の才能は間違いなさそうで、
定食屋さんのご主人さんとの今後に期待?


清美さんもご主人さんも、
そこまで接客は得意ではなさそうで。
それでも、料理の話はよどみなく出来るようで。
お話にはそれぞれ軸になる料理がありまして、
レシピもわりとキッチリしたカタチで紹介されて。
試す、ためさないは別として、
そういう方向での読み応えはあり。


……まぁ、主人公が年頃の清美さんなだけに、
なんですか、色恋系のお話の発展はないのかしら、
と気になりながら読み進めております(^^;。
どうなんですかねー。
定食屋さんのご主人だったり、息子さんだったり、
チャンスはイロイロとありそではございますが。


あとがき読んで、作者さんの環境に驚き……
わりと日本全開な作品に感じつつ読んでいたのですが、
お住まいからすると、ガッツリ美味しいビールの話なども
期待したい感じで(笑)。
うまい事、そのあたりを隠し味程度に紛れさせつつ、
お話展開してくれたら嬉しいかしらん、などと、
個人的には思ったのでありました。
長いシリーズになってきたら、
番外編的な展開があっても……なーんて?


と、またまた面白いシリーズに出会ってしまいましたです。
偶然に感謝しつつ、
先のお話も楽しみにまったり次巻を待つことと致します。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。