読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

水上悟志先生『惑星のさみだれ』7巻 少年画報社 感想。

惑星のさみだれ 7 (ヤングキングコミックス)

惑星のさみだれ 7 (ヤングキングコミックス)

「子供」。
星川昴、月代雪待、茜太陽に焦点、が故、でしょうか。
終盤が太陽メインのエピソードだっただけに、
その印象が強い7巻。


太陽は、登場した当初、あまり周囲に興味もなさそうで。
従者のフクロウ・ロキもそんな太陽の態度に
拍車をかけるような事を言いますし。
挙句、つきあいが……と思っていたら、
少しずつ夕日や三日月、南雲の関わりもあってか
変化も見えてきて。
家庭環境も複雑で、なにか、一歩引いた落ち着きと、
子供らしさのない感じもわかるのですけれども。
冷めた傍観者的、といいますか。
……それだけに最初の印象はよくなかったものの、
いつの間にか感情移入してしまっていて、
何だか驚いてしまいました(^^;)。
当然のように夕日寄りでお話を楽しんでいたのですけれどね。
色々なエピソードを経て、
少しずつ成長していく、というか、変わっていく、
太陽の姿に共感できたのかもしれないです。


ちょっと立場的に微妙そうですけれども、
今後の太陽の活躍に期待、でございます。


全10巻ですから、ぼちぼち最終局面、
ですけれどね!

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。