読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

宮原るり先生『僕らはみんな河合荘』7巻 少年画報社 感想。

comics

一歩進んで二歩……?
ライバル登場で動揺する宇佐くん。
さらに、そんな宇佐くんをいぢり倒す河合荘の面々(笑)、
な、『僕らはみんな河合荘』7巻。


うまく距離感のとれない宇佐くんと律ちゃんに
ウズウズしてしまう訳でございますが、
そのあたりは読者の上をいくパワーで応援?
邪魔? しまくる周囲の皆様。
個性溢れる面子の中では高校デビューな林さんが
一番まともに律ちゃんを応援しているようにすら見える(;^_^A。
というか、まぁ、ちょいと発端こそ歪んでいたかもですが、
林さんが律ちゃんを後押ししているのは間違いなさそですけれど。


卒業文集エピソードも相当、キャラが立っていて面白く。
「世界が……許してくれるなら……」
の破壊力がとんでもない(笑)。
林さん、もってるなぁ。


最後に収録の仮装行列エピソードもよかったなぁ。
律ちゃんのライバル? っぽい位置にきている
椎名ちゃんとの律ちゃん&林さんペアの関係進展? とか。
悪意ないコミュ力の高さと、
それに流されるふたりが、なんともかんとも。
憎めない、んですよね。
どうなるのかなぁ、椎名ちゃん。


ということで、今回も満喫な
僕らはみんな河合荘』7巻でございました。
ちょっとシロさんの出番が少なかった気もしますが、
その分、林さんが活躍していたようにも思いますし。


次巻も楽しみでございます。
世界が……許してくれるなら……。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。