読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

2016-10-29(Sat.)『菅原龍平 三十九汁』acoustic live bar RHAPSODY shimokitazawa 感想。

live

Link:sugawararyuhei.net
Link:RHAPSODY | acoustic live bar RHAPSODY(ラプソディ)下北沢


恒例のお誕生日ライブ。
先日、お出かけして参りました。
お天気は、雨が降るかどうか微妙なところ?


今回の会場はCCOではなくRHAPSODY。
先日のライブでは声が出なくなる、というまさかの展開でしたが……。


開場は19:00。
時間近くになると人も結構集まって参りまして。
開演までの時間が短いから、ということもあるでしょうけれど(^^;)。
ただ、開演は19:30予定でしたが、これは少し遅れ。
結局はCCOと変わらないくらいの時間となりました(笑)。


肝心の内容は……喉の不安を払拭するようなパワフルな。
入間市でのフォークシンカーズライブ時よりも好調そうでひと安心。
にしても、最初からガンガン飛ばしている印象。
洋楽カバーも冴えていました。
新曲こそないものの、
独自の日本語歌詞をのせたカバーが絶妙な出来で。
"男子のクイーン"がよろしゅうございました♪


久しぶりに"白くぬれ"も聴けて嬉しく。
"Hatch Back"も……やってた気が?
二部では落ち着くのかな? と思ったのですけど勢いはそのままに。
それ故か、弦がアレするアクシデントも!
張り替えのための休憩を挟んでの、となりまして。
珍しい展開でございました。


締めは、
"中央特快"→"サンダー道路"→"ロックンロール39(?)"
"ロックンロール39"は殆どを手拍子のみで歌う特別仕様!
開場の空気を強く感じる、ライブ独特の面白さ、楽しさ、あたたかさを感じる、
素敵な締めの一曲で。


んー、満喫! でした。
やっぱりライブは最高ですね♪
アクシデントも含めて。


ガーラさんの誕生日がめでたいのはもちろんのこと、
喉の調子も良くなってきたようで安心しました。
前回のRHAPSODYライブを払拭する迫力、感じました。
これは……茅ヶ崎、行きますかね!


茅ヶ崎ライブの詳細は、
共演される高橋てつやさんのFacebookにありましたので
そちらへのリンクを以下に。

ということで、次のライブを楽しみにしつつ、
日々、頑張って参ります。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。