感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

冬目景先生『空電の姫君』1巻 講談社 感想。

待ってました! な、
冬目景先生『空電の姫君』1巻でございます。


もともとは幻冬舎『月刊コミックバーズ』にて、
『空電ノイズの姫君』として連載されていた本作。
掲載誌が残念なこととなり、舞台を移して改めて? な。


リスタートではありますので、
一応はここから読み始めても大丈夫とは思いますが、
理想としては、
『空電ノイズの姫君』の既刊3巻をおさえた上で
『空電の姫君』に入った方が、より幸せになれそうな気がします。んで、肝心の感想ですが。
……いやー、めっちゃ面白かったです。
大好きな作品だっただけに、飢えていたんですね。
朝の通勤時とお昼休み使って読み切りました。


磨音ちゃんの立ち直りが、私的には嬉しかったです。
改めて落ち込みそうな場面ではあったのに、
きっちり持ち直して。
バンドとしてのまとまりもより、出てきたようにも見えますし。
夜祈子さんも程よい距離感で巻き込まれつつあるのが、
これまた楽しく。
すんなりメンバーになったりしたら、
らしくない感じ、しますし。
環境にも動きがあって、
新しい動きが見えてきそうなところ……に、
締めのページでございますよ。
さて、次巻はどのような展開になりますか。
気になる、なる、なる。


出来るだけ早く続きを読みたくなるファン心理、
ではございますが、
気長に待つしか、ですね。
なんというか、単発1話ずつ100円だったら、
喜んでお金払って読むんですけどねー。
この作品のみ読むために掲載誌買うのは、
ちょいとハードル高めですけれども。
なかなか、思うようには参りませぬのぅ……。


ともかく、最高な1巻でございましたが、
続き読みたくなって仕方なくて、
悶々が積み重なるのでありました(笑)。
楽しく、嬉しい悲鳴ですね!

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。